LUXMAN L-509X



新製品オーディオ機器紹介。ラックスマンは、同社プリメインアンプのフラッグシップモデル「L-509X」を9月下旬より発売すると発表しました。価格は78万円。

本サイトでも過去に取り上げていたL-509u(2006年・65万円・税別)の後継機です。もっとさかのぼると2002年発売のL-509fSEもある、ラックスマンのAB級プリメインアンプ最上位シリーズ・L-509シリーズの最新機です。

驚きました。もう10年以上出ていないので、オーディオ愛好家の間でももうL-509シリーズは出ないのではないかと言われてもいましたから。それに、最近の高級オーディオ製品全般のモデルチェンジごとの値上がりを見ると、もし、出ても高額化は避けられないともみられていました。

結果、意外ですが出ました。予想通りボリュームが従来の可変抵抗式から電子制御アッテネーター「LECUA」に変わりました。そのほか、L-509uとの違いも交えながらご紹介します。

定格出力は120W×2ch(8Ω)、240W×2ch(4Ω)と変わりありません。しかしながら、出力段はバイポーラ型パワートランジスターを片チャンネル当たり4パラレル・プッシュプル構成とL-509uの5パラから変更になっています。出力値やリニアさが変わらないならあまり関係ないでしょう。

独自の増幅帰還回路「ODNF」はバージョン2.2から最新の4.0に変わりました。プリアンプの出力段にはコントロールアンプ「C-900u」と同等のディスクリートバッファ回路を新搭載。

ボリュームには、88ステップの調整が可能な電子制御アッテネーター「LECUA1000」を新搭載。L-509uでは真鍮製のアルティメート・ボリュームという可変抵抗型を採用していました。それもアナログボリュームとしては優秀でしたが、さすがにこれはLECUAの品質に軍配が上がるでしょう。

電源部は、EI型600VAの高レギュレーション電源トランスと、LR独立総合80,000μFのブロックコンデンサーを組み合わせたハイイナーシャ電源。この基本構成は同様。L-509uでは580VAでしたから強化はされています。

入力信号をスピーカー出力まで最適最短のルートで構成する、ビーライン・コンストラクションというのも新しい点。内部配線の最短化はよく謳われていますが、どうもこれは数学で言う「巡回セールスマン問題」の解法を応用した経路最短化ということのようです。

MM/MC対応のフォノイコライザーアンプ回路を内蔵。バス/トレブル式トーンコントロールと、LECUAの音声シフトを使用したLRバランス調節機能を備えます。。音量連動式のラウドネス機能も装備。プリ、パワーも分離使用可能。リモコンが付属になりました。これは大きな違いです。

入力端子はアナログライン(RCA)×4、Phono(MM/MC)×1、XLRバランス×2、録音入出力×1、セパレート入出力×1。スピーカー端子はA/Bの2系統。ヘッドホン出力×1も装備。

外形寸法は440×463×193mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は29.3kg。L-509uは467W×179H×428Dmm 、質量 27.5kgでした。

内容は確実に向上していそうですが、この価格のプリメインアンプとはどうなのでしょう。セパレートアンプが組めてしまいそうです。スペース的な面でプリメインにこだわる人とか向けでしょうか。本機の登場でこれまでプリメインアンプのフラッグシップだったA級のL-590AXⅡがどうなるのかも面白いところです。

プリメインアンプ+LUXMAN


★LUXMAN L-509Xを楽天で見る★
LUXMAN L-509Xをamazonで見る
LUXMAN L-509XをYahoo!ショッピングで見る

スポンサードリンク


関連記事リスト
LUXMAN L-509X
LUXMAN L-505uX 中古も
LUXMAN D-38u 中古も
LUXMAN L-505s2 中古も
LUXMAN C-1010 中古も

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター