東芝 TY-P1



オーディオ機器紹介。東芝エルイートレーディングは、ポータブルCDプレーヤー「TY-P1」を7月下旬に発売します。オープン価格で、実売予想価格は6,000円前後です。

CDを“ゆっくり”から“早く”まで、 0.5~1.5倍の11段階で速度調節できる「スピードコントロール」機能を備えているのが特徴です。また、現在のポータブルCDプレーヤーらしく音楽CDだけでなく、MP3を保存したCDの再生も可能です。もメリー式の音飛び防止機能もついています。外形寸法は、142×155×26.5mm(幅×奥行き×高さ)で、電池を除いた重量は約200g。出力はステレオミニのヘッドホン端子のみでラインアウトなどはついていません。リモコン付きのイヤホンも付属。

2000年代まではあれほど大手オーディオメーカー各社から出ていたポータブルCDプレーヤーも、CDのオリジネーターであるソニー自体も数年前には完全に撤退してしまっています。その後は国内外のよくわからないメーカーも含めた中小メーカーのものばかりになっています。

そんな中出た、久々の?国内大手メーカー製ポータブルCDプレーヤー。価格も手頃です。内容的にはポータブルCD全盛期の6000円程度の機種と同じようなものでしょう。ただ、単3形電池×2本で動作しますが、アルカリ電池を使った場合は、約8時間の再生が可能なのはちょっと短いです。その分力強いヘッドホンサウンドが聴けるのかもしれませんが。

個人的にはポータブルCD全盛期に何台か日常的に使っていました。かなり以前は単体CDプレーヤーを入手する前には、単体機の代わりにもしていました。江川三郎氏の提唱する音質向上テクニックを使うとポータブルCDとは思えない音質向上ぶりに驚いたものです。

この10年ほどはもう使わなくなりましたが、ハードオフに動作品が安くあるとつい買ってしまいます。10台くらいはあるでしょうか。全然使っていませんが。それでもソニーの最後期の製品であるD-NE730のライン出力の音質は驚異的に良く、今日のDAPブームやハイレゾとは何なのかを考えさせれるほどです。

ポータブルCDがポータブルオーディオのメインになることはもうないでしょうが、かつてのしっかりと作られた機種の音質はとても良かったことを現在のDAPしか知らない人にも知ってもらいたいものです。



★東芝 TY-P1を楽天で見る★
東芝 TY-P1をamazonで見る
東芝 TY-P1をYahoo!ショッピングで見る

スポンサードリンク


関連記事リスト
東芝 TY-P1
YAMAHA CDX-2200 中古も
YAMAHA CDX-10000 中古も
marantz SA8005
CEC CD3800 CDプレーヤー兼USB-DAC/HPアンプ

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター