Pioneer S-W1EX 中古も



パイオニアのサブウーファー 定価:20万円 発売2005年 中古対応機器情報・名機紹介

パッシブラジエーター方式のサブウーファー。エンクロージャーとアンプを別体化しているのが特徴。ウーファーからアンプへ伝わる振動を低減し、ノイズを低減したとしています。アンプ部はなんと最大出力500Wものデジタルアンプを採用した強力なもの。

ウーファーユニットは30cm径のコーン型。同径のパッシブラジエーターも搭載。エンクロージャーは板厚20mmのラウンドシェイプ型。不要な板振動をカットし、濁りのない再生音を実現。また、仕上げは天然木で高級感があります。

さらに、「低音のズレ」を解消するというフェイズコントロール技術を導入。ソフト制作者の意図に忠実な再生を行なうためのフィルターバイパスモードを用意し、サブウーファー側にローパスフィルタが無いことを前提に出力された信号に、サブウーファー側でフィルターを入れると音の位相が乱れる問題を解消。

再生周波数帯域は20Hz~6kHz(バイパス時)。ハイカットフィルターは50Hz~150Hz。外形寸法は430×430×480mm(幅×奥行き×高さ)。重量は34.5kg。ベースやスパイクが付属。

3ウェイトールボーイ「S-1EX」や、 3ウェイブックシェルフ「S-2EX」などとの組み合わせを想定したEXシリーズ向けのサブウーファーです。

EXシリーズは発売当時から今に至るまで、国内オーディオメーカー製の実力派高級スピーカーとして高い評価を維持し続けています。発売後10年以上を経ても同様なのも驚きです。

S-W1EXもEXシリーズにぴったりのサブウーファーであるばかりでなく、数少ないピュアオーディオ対応高級サブウーファーとして存在意義の高い製品です。EXシリーズを使っていないユーザーにも好評なようです。

ただ、2016年現在、本機は新品販売されてはいますが、販路が少ない印象です。あるいは生産完了、その予定ということでしょうか?

高級サブウーファーは密閉型が多いなか、パッシブラジエーター方式なことは個性とも言えます。本機が気になるなら早めの購入か、中古から探すことになりそうです。

オンキヨーと合併した今後、同クラスのサブウーファーをパイオニアが出すことはあるのでしょうか?残念ながらあまり期待できない気はします。違っていたらごめんなさい。


S-W1EXのヤフオク出品

★ヤフオク!でPioneerのオーディオ機器を見る★

S-W1EXを楽天で見る
S-W1EXをamazonで見る
S-W1EXをYahoo!ショッピングで見る


再生周波数帯域:20Hz~6kHz(バイパス時)
ハイカットフィルター:50Hz~150Hz
外形寸法:430×430×480mm(幅×奥行き×高さ) 重量:34.5kg。

スポンサードリンク


関連記事リスト
Pioneeer PD-10 中古も
Pioneer S-W1EX 中古も

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : S-W1EX

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター