DENON DCD-1650SR 中古も

EL_DCD-1650SR_JP.png
デノンのCDプレーヤー DCD-1650SR 定価:¥120,000(税抜) 発売2002年 中古対応機器情報・名機紹介

10万円台のCDおよびSACDプレーヤーの定番として君臨し続けるDENONの1650シリーズのCD専用機として最後となった機種です。1999年のDCD-1650AZ(99000円)の後継機です。

このシリーズは1997年のDCD-1650AR(99000円)が上級機のDCD-S10Ⅱに肉薄すると長岡鉄男が高く評価したころを頂点として、10万円クラス最高のハイコストパフォーマンス機として君臨してきました。モデルチェンジのたびに回路を最新化し、音質は向上してきました。しかも99000円の価格も維持し続けてきました。

ところが本機はいきなり2万円のアップ。回路も最も重要視されるハイビットアップコンバート機能のアルファ・プロセッサーも「AL24 Processing」のままです。DACチップは現在でもPCM変換用としては最高のDACのひとつとされるバーブラウンPCM1704。これを4DAC構成で搭載しています。

ドライブメカは定評の『S.V.H.Loader』。これまで同様デジタルアナログ分離トランス。鋳物トランスベース&トランスケース採用。シャーシ構造も二重トップカバー、三重ボトムカバーで高い剛性を確保。外部からの振動による音質への影響も徹底して排除するなどの基本は同様。加えて、高音質電解コンデンサーなどの各部品へのこだわりと、贅沢な使用が1650シリーズを支えてきました。それを維持するための価格上昇でしょうか。

残念なのは、先代まであった可変アナログ出力がなくなったこと。ボリュームを装備しないアクティブスピーカーへの直結ができなくなりました。ただ、最近の1650にはないヘッドホン端子はあります。

音は値上げの分は確実に良くなっていると評価されていました。はっきり言ってよほどのマニアでなければ一般的にはCDプレーヤーはこれで十分、というレベルということのようです。少し前のDCD-10Ⅱあたりをも全体のバランスで超えるほどなのかもしれません。

このあとデノンの1650シリーズは2005年にDCD-1650AEとなりSACDプレーヤー化。価格も15万円とさらに上昇。その後もモデルチェンジしましたが、2016年、ついに1650シリーズはDCD-2500NEと型番が変わって消滅。その間、1650シリーズはCD時代よりもコストパフォーマンスは悪くなったという人もいました。

本機が18万円するDCD-2500NEよりもCDの音質がいいとは限りませんが、比較するとどんなものなのかは面白そうです。一時期、デジタル入力に力を入れたDCD-1650AE以降からDCD-2500NEがディスク専用機に戻ったのも、何か意味深いものが感じられます。



DCD-1650SRのヤフオク出品

★ヤフオク!でDENONのオーディオ機器を見る★

DCD-1650SRを楽天で見る
DCD-1650SRをamazonで見る


デジタル出力:光1系統 、同軸1系統
アナログ出力:アンバランス(RCA)1系統
外形寸法:W434×H135×D340mm
質量:12.7kg
:CDプレーヤーの製品情報:メーカーDENONのCDプレーヤー:

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
DENON DCD-S10IIIL 中古も
DENON DCD-1650SR 中古も
DENON DCD-1650RE 中古も
DENON DCD-SA100 中古も
DENON PMA-SX 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : DCD-1650SR

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター