MONITOR AUDIO Gold GX300 中古も


MONITOR AUDIO GX300 (Gold GX) モニターオーディオが発売していたスピーカー。価格: ¥743,000(税抜) 発売2011年3月21日 中古対応機器情報・解説 名機紹介

最上位クラス“Platimum”の高音質化技術を継承したハイクラスモデル「Gold GX」シリーズの最上級機として登場したトールボーイ型。3ウェイ4スピーカーのバスレフ型。

新しいC-CAMリボントランスデューサーにより、60kHzまでの高域再生を実現。リブ付「RST(Rigid Surface Technology)」形状のC-CAMコーンを採用した新しいバス・ミッドレンジドライバーにより、豊かな中低域再生を可能にし、高域のサウンドともシームレスな再生を可能にしています。

エンクロージャーはアールのクロスブレージングと強固な20mm厚のMDFにより、高剛性を確保するとともに、キャビネットカラーレーションを抑制。風切り音を排除し、音の乱反射を低減させる「HiVe II」バスレフポートも採用。

カラーバリエーションはPiano White/Piano Black/Berbinga/Walnutをレギュラーラインナップとし、オーダーでNatural OakとReal Wood Veneerが選べるようになっていました。

モニターオーディオの「Gold」とつくシリーズはブランドの最上位ではないものの、中核的な位置を占める重要シリーズです。とくにコストパフォーマンスを重視するこのメーカーのなかでも、その高さが光るモデル群です。

このGold GXシリーズは2015年に新Goldシリーズが登場したので、生産完了になりました。今後はおもに中古市場での購入になります。ただ、2016年現在でもまだ新品が手に入る場合もあるようです。

新シリーズのほうが技術的優位性を打ち出すとともに、価格が安くなっているというアドバンテージがあります。ただ、Gold GXシリーズの完成度の高さも相当なものだったようですが。

新シリーズはRST(リジッド・サーフェス・テクノロジー)により、ディンプルがつけられたコーンにより見かけが違います。あとはあまり違いがないように思えます。価格はなんと安くなっていますけど。

モニターオーディオのゴールドシリーズは一部の評論家に非常に評価が高く、とくに最高位の300モデルは、これ以上のスピーカーは要らないという人もいるほどのもの。それは実際にはこれより音のよいスピーカーはあるでしょうが、コストパフォーマンスとアンプ選択の自由度の点からベストチョイスということでしょう。

ユーザーのなかにもこれといって特徴のない自然な音質で表現に困るという人もいます。それはリアルな音をオーディオに求める人にとってはまさにゴールだと思いますが…。

GX300のヤフオク出品

★ヤフオク!でMonitor Audioのオーディオ機器を見る★

GX300を楽天で見る
GX300をamazonで見る
GX300をYahoo!ショッピングで見る


●形式:3ウェイ・フロア型 ●ユニット:C-CAMリボントランスデューサー、165mm RST バスドライバー×2、100mm RSTミッドレンジドライバー×1 ●インピーダンス:8Ω ●許容入力:200W ●能率:90dB ●周波数特性:30Hz~60KHz
●外形寸法:210W×1060H×330Dmm ●質量:27.2kg

スポンサードリンク


関連記事リスト

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : GX300

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター