FC2ブログ


1more EO323



オーディオ機器紹介。

イヤホン、ヘッドホン販売で有名なオーディオ販売店・e☆イヤホンは、中国の新ブランド「1more」(ワンモア)のカナル型イヤホン3機種を、4月16日から国内独占先行販売すると発表しました。

ラインナップは、ハイレゾ対応のハイブリッド型「E1001」が13,820円(税込)、ハイブリッドの「E0323」が10,580円(税込)、ダイナミック型の「1M301」が4,290円(税込)。

ここでは、今回発売のなかでは真ん中の機種、「EO323」をご紹介します。「EO323」は、バランスド・アーマチュアユニットを1基、ダイナミック型ユニットを1基搭載したハイブリッド型。

ケーブル長は1.25m。ケーブルの線材にはエナメル銅線を採用。また、iOS/Android両方に対応するマイクリモコンも備えているなど、今日的な機能も備えています。

本機の最終チューン/仕上げにおいて、ラテングラミー賞を受賞したサウンドエンジニアLuca Bignardi(ルカ ビグナルディ)と協業。アーティストのプレイを忠実に再現されたチューン/調整が図られているとしています。

1moreは、Foxconnに勤めていた4人が共同創業者として、2013年に中国の深センを本拠地として設立されたオーディオメーカーとのこと。

全くの新興メーカーかと思いきや、最近コストパフォーマンスに優れた低価格イヤホンで、日本でも人気のシャオミのOEM供給を請負っているメーカーであるそうです。1moreも、メーカーのコンセプトとして、コストパフォーマンスを重視していることを明記しています。

本機も、この価格でハイブリッド型であることがまず大きな魅力。そのうえで、金属製のハウジングによる高品位な外観や、質感の高さもコストパフォーマンスを高めています。

シャオミの人気や評価からすると、自社ブランドでの製品は最初から完成度が高いのは間違いなさそうです。

すでに、海外業者を通して購入しているイヤホン愛好家も数多く、その評判は上々のようです。ただ、音漏れが多い傾向らしいので、そこを気にする人はご注意ください。

再生周波数帯域は20Hz~20kHz。感度は98dB。インピーダンスは32Ω。入力はステレオミニで、ケーブルは1.25m。重量は15g。

スポンサードリンク


関連記事リスト
KZ ZS5
Westone AM Pro 10
1more EO323
EVERGREEN DN-HP820EB
オーディオテクニカの新製品、ヘッドホンアンプ「AT-HA35i」iPod用が色濃く


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター