Focal Aria 906 905 中古も


オーディオ機器紹介。

限定モデル『Chorus 826W』で価格を超えたハイコストパフォーマンスぶりで、日本のユーザーに強い印象を与えたフランスのフォーカル。

Chorus 826Wは残念ながら限定でしたので、もう手に入りませんが、この限定モデルの後継と言えるのが新しい『Ariaシリーズ』です。

このAriaシリーズではフォーカルがスピーカーの振動板として理想的なものと考える亜麻を使用しているのが最大の特徴です。

これまでも、polyglass,"K2"サンドイッチ、"W"サンドイッチ、ケブラー、チタン、Tioxid、ベリリウム、アルミニウム、マグネシウムなど多岐にわたる素材を振動板に採用し、そのいずれもで高い成果を上げてきたフォーカル。既存ユニットのアッセンブルメーカーではないからこその執念がそこには感じられます。だいいちフォーカルは著名な他社にユニットを供給する側として有名です。自社ブランドスピーカーには当然こだわります。

「FLAX」と呼ばれる亜麻の一種をガラス繊維の極薄を用いたフォーカルの得意技術"W"サンドイッチ構造で剛性でもって制御するというもの。

グラスファイバースキンサンドイッチ構造でFLAXをコアとした複合ソリューションは、低質量で高い内部損失を備え、高速度の運動、そして高い曲げ剛性の組み合わせが可能になったというスピーカーの振動板として大変優れたマテリアルとなっています。成型プロセスの自動化を成功させ、低コストで高品質を実現したというのも本機のコストパフォーマンスに繋がっているポイントです。

高域は、フォーカル社の代名詞である「インバーテッドドームツィーター」を装備、アルミニウム/マグネシュウム合金ツィーターの改良も施して搭載。

キャビネットは3種類の素材が組み合わされた、非常に凝った作り。最上位Utopia III シリーズで実績のあるフランスのデザインハウス Pineau & Le Porcher によるデザインとなっていて、この価格を考えるとお得な印象。

外観は美しい仕上げ。上部のガラスは美的と強度のため、前面バッフルのレザー調は吸収と音響的回折のためという意味合いもありますが、結果的に美しさにつながっています。オーディオマニア向けの無骨な道具という印象はありません。

グリルは磁石脱着式で、スマート。また、どの方向から見てもネジ穴が一切見られないのもまるでハイエンド機のような仕上がり。

ブックシェルフタイプの905、906いずれもヨーロッパメーカーで、しかも本国生産品ということを考えると大変コストパフォーマンスの高い機種であると、評価されています。

しかも、驚くことに、この新開発のフラックス・サンドイッチ振動板は、日本から来たエンジニアのシンタロウ(細井慎太郎)が努力して完成させました、と、テレオサウンド 2014 Winter (No.189) で掲載されている「フォーカル新CEO クリストフ・シコウ氏に訊く」の記事(三浦孝仁)内で、同社 CEO Christophe Sicaud 氏が述べています。なんと日本人が開発に関わっていたのですね。

細井慎太郎氏とは、1999年〜2009年までパイオニアに所属し、「S-1EX」に採用されたマグネシウム振動板とベリリウム振動板を用いた同軸ユニットを設計したり、AVアンプの「フェーズバンドコントロール」の開発に関与したエンジニアとのことです。それもまた驚きです。

あまり雑誌やネットでの露出がないようには思われますが、わかる人はわかるスピーカー、そんな印象です。





Focal+Ariaのヤフオク出品

★ヤフオク!でFocalのオーディオ機器を見る★

Focal+Ariaを楽天で見る
Focal+Ariaをamazonで見る
Focal+AriaをYahoo!ショッピングで見る


FOCAL(フォーカル) Aria 906 ブックシェルフ型スピーカー
Walnut仕上げ : 定価162,000円(ペア/税別)
Black High Gloss仕上げ : 定価192,000円(ペア/税別)
906の仕様
形式 : 2Wayバスレフ・ブックシェルフ型
使用ユニット
 ・ツィーター : 2.5cmアルミ・マグネシウム逆ドーム型
 ・ウーハー : 16.5cmFLAXウーハー
周波数特性 : 55Hz~28kHz(±3dB)
能率 : 89.5dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 8Ω
クロスオーバー周波数 : 2,800Hz
サイズ : W225mm*H390mm*D250mm
重量 : 8.5kg

スポンサードリンク


関連記事リスト

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : Focal+Aria

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター