Soundfort DS-200



オーディオ機器紹介。

MJTS(株)は、Soundfortブランドより5.6MHz DSDや192kHz/32bitの再生に対応したUSB-DAC「DS-200」を発売しました。価格は37,200円(税抜)。直販サイトでは、2016年4月までの発売記念特価として27,600円(税抜)で販売されています。

DACチップにはTI製バーブラウン「PCM1795」を、USBコントローラーにはSA9226を採用。また44.1kHz系と48kHz系で分けた2基のTCXO(温度補償水晶発振器)を使用しています。

USB入力は5.6MHz DSDや192kHz/32bitの再生に対応。デジタル入力は、USBに加えて同軸・光デジタル端子を搭載。また丸形端子の光デジタル出力も装備。デジタル入出力は最大192kHz/24bitの対応。

アナログ出力はヘッドホン出力に加え、固定ライン出力(RCA端子)も搭載。

ヘッドホンアンプICには、「TPA6120A2」を採用。ヘッドホン出力はステレオミニ端子。ヘッドホン最大出力は300mW(THD 1% at 32Ω)、推奨インピーダンスは16~300Ωと十分に広い範囲となっています。

外形寸法は94W×48H×123Dmm、質量は約500gとコンパクトなのも特徴。

コンパクトな筐体ながらデジタル/アナログで独立基板を搭載していることも特記し、アピールポイントにしています。また、電源は手軽ながらも音質的に不利なバスパワーを使わず、低ノイズ動作を図ったACアダプター式の±12V駆動で、ノイズフィルターにより低ノイズ化を図っているとしています。内部でもアナログ/デジタル部で独立した電源供給とノイズフィルターを備えています。

電源および入力切り替え用には、アルミ削り出しのプッシュボタンを備えるなど、価格を考慮すると質感にも配慮しています。

SoundfortはUSB DAC内蔵真空管プリメインアンプQ9を発売している日本のブランドです。これまで、USB-DACのDS-100+もありました。

Q9と同様、設計、制作にあたっては日本設計者が徹底した試作と試聴によるチューニングを繰り返し行うとともに、パーツ類も厳選の上、完成させたとしているのが本機の機能面以外の売りです。

国内メーカーながらも安価で、しかしクオリティーには妥協しないPCオーディオ向けメーカーとしては、旧ラステームの流れを汲むアムレックに似ているように思えます。

低価格帯のUSB-DACは中国系メーカーが強いとも言われますが、この価格帯でこの内容の日本メーカー品が登場したことは歓迎されます。

あとはブランドの知名度を上げることが必要だと思います。今のままだとまだまだ日本メーカーという認識も愛好家の間でも不足しているように思います。

それでも以前のラステームのように、音質さえ良ければ、ブランドや価格にとらわれず良さのわかるユーザーは確実にいて、ブランドの認知がされるのは確かなので、実力さえあれば、本機やSoundfortブランドも前途は明るいと思います。
:Soundfort:USB-DAC

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
プリンストン PAV-HADSD
上海問屋 DN-13552
Soundfort DS-200
NuPrime HPA-9
Pioneer N-50A 中古も

★Soundfort DS-200を楽天で見る★
Soundfort DS-200のヤフオクでの出品
★ヤフオクで・PCオーディオ機器のオーディオ機器を見る★

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター