Accuphase P-7100 中古も

アキュフェーズのステレオパワーアンプ Accuphase P-7100  110万円(税別) 発売2006年 中古対応機器情報・解説 名機紹介

2003年に発売した「P-7000」の後継機で、当時アキュフェーズのステレオパワーアンプのフラグシップ機でした。新たにアンプ全体の構成に「インスツルメンテーション・アンプ方式」を採用。さらに進化させた「MCS+」回路やカレント・フィードバック増幅回路を備え、改良を図りました。

出力段は、Pcが150Wのバイポーラ・トランジスターをチャンネルあたり11ペアでパラレル・プッシュプル駆動。チャンネルあたり1Ω時で1,000W、2Ω時で500W、4Ω時で250W、8Ω時で125Wと、リニアな出力を得ています。また、ブリッジ接続にして、さらに大出力のモノラル・アンプとして使用することも可能となっています。

P-7000では入力部に同社独自のMCS(Multiple Circuit Summing-up)回路を採用していたのをMCS+に進化。MCSは増幅回路を並列接続することで、歪み率やS/N比を向上させています。並列動作させる部分を拡張して、さらなる低雑音化を実現させたのがMCS+です。

信号経路は、インスツルメンテーション・アンプ方式を新たに導入。入力端子からパワーアンプ段までをフルバランス伝送化し、機器内で発生する雑音を除去する能力やひずみ率を改善するとしています。

増幅方式は、出力信号を電流の形で帰還する「カレント・フィードバック増幅回路」を採用。ゲインの大小による周波数特性の変化がほとんどなく、広い帯域に渡って一定の特性を保てるという回路で、アキュフェーズお得意の方式です。P-7000に引き続き採用。

放熱フィン付きのアルミケースに収納した高効率のスーパーリング型トロイダルトランスや、大容量フィルター・コンデンサーなど使用パーツを厳選、アンプ出力の低インピーダンス化とスピーカーの定電圧駆動を追求。

フロントパネルには、ゲイン切替スイッチを装備。MAX、-3dB、-6dB、-12dBの4種類のゲインが選択できます。入力端子はBALANCE/UNBALANCEを各1系統装備。スピーカー端子はYラグやバナナプラグも使用できる超大型タイプを採用した1組。

2015年に後継機のP-7300が発売。120万円になりました。定格出力は1Ω時で800W、2Ω時で500W、4Ω時で250W、8Ω時で125W。ブリッジ接続時の出力は、8Ω時で500W、4Ω時で1,000W、2Ω時で1,600Wと少しリニアリティーが下がっています。というのも、出力回路が片チャンネルあたり10パラレル・プッシュプル駆動と出力段の規模が少し小さくなったためです。

「インスツルメンテーション・アンプ方式」、「MCS+」回路やカレント・フィードバック増幅回路を引き続き採用。入力電圧増幅段にディスクリート構成の低雑音アンプを採用し、入力電圧増幅段と電力増幅段のゲイン配分を最適化することにより、P-7100よりさらに低雑音化してSN比を高めているのは改良点。また、プロテクション回路には、あらたに、より信頼度が高いというMOS-FETスイッチを採用。エッジノイズ・コイルや、スピーカー端子の直近から信号とGNDをバランスで帰還をかけるバランスド・リモート・センシングなどの技術も搭載し、出力回路の低インピーダンス化を図り、ダンピングファクターをP-7100の300から1,000以上と大幅に向上させたのも改良点。使い勝手ではスピーカー端子が2系統に増加。バイワイヤリングが容易になりました。

ただ、P-7100の中古価格は60-70万円程度ですので、P-7300の新品価格品とどっちがいいかは微妙です。また、超低インピーダンス時の能力はP-7100のほうが上回っていそうです。P-7300ではダンピングファクターが大幅向上していますが、これもかえって低音が締まり過ぎると思う人もいそうなので、比較視聴できればいいとは思います。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時)・2012年
564,000円  71件 '12年12月12日
アキュフェーズのステレオパワーアンプの最高峰モデルのP-7100です。価格は115万5千円。
モデルチェンジの流れとしてはP-1000からP-7000へモデルチェンジして、P-7000からこのP-7100にモデルチェンジジという流れになります
動作は全く問題無かったのですが片方のメーターランプが切れていたので9月末にメーカーににてランプ交換(左右のバランスを保つために切れてない方も同時に交換してあります)をして頂きました。またその際に内部の清掃やチェック等のオーバーホールもしてもらいましたので機能は新品同様の状態にになっているかと思いますので安心してお使いになれます
メーカーから9月末に戻って来てからは開封していませんのでこのままの状態(写真③)で発送します(箱はA-200の箱に梱包されています)
外観はオーバーホール直前にチェックしましたが特に目に付くキズも無く美品です
美品だと思いますがあくまで中古品になりますので重箱の隅を突くような指摘をされる神経質な方は入札しないでください
本体以外に以下の物が付属します

●取り扱い説明書
●付属の電源ケーブル
●背面の端子保護キャップ(写真に写っている数)

オーバーホールから戻って来てから開封していませんので確認していませんが、オーバーホールの明細はおそらく箱の中に入っているのではないかと思います。当方への返送は不要ですのでオーバーホールの証としてそのまま保有してください。
発送は家財宅急便便Bランクの予定です。長崎県から福岡県まで3800円。大阪府まで5000円。東京都まで5700円になります。いちおう送料の半額は当方で負担しますので。残りの半額を送料としてご負担ください。


P-7100のヤフオク出品

★ヤフオク!でAccuphaseのオーディオ機器を見る★

P-7100を楽天で見る
P-7100をamazonで見る


定格連続平均出力(20Hz~20kHz間):125W/ch(8Ω)、250W/ch(4Ω)、500W/ch(2Ω)、
500W(モノ8Ω)、1000W(4Ω)
外形寸法:465W×258H×545Dmm 質量:48.5kg
:Accuphase:パワーアンプ:ナ

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
Accuphase DP-67 中古も
Accuphase E-301 中古も
Accuphase P-7100 中古も
Accuphase DP-600 中古も
Accuphase E-350 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : P-7100

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター