AKURATE 242 SE 中古も

リンのスピーカー AKURATE 242 SE 120万円(税別・ペア) 発売2008年 中古対応機器情報・解説 名機紹介

スピーカーシステム「AKURATE」のSEモデル。KOMRIの設計思想を継承したモデルとして、2003年秋に登場したAKURATEシリーズを改良したSE(スーパーエボリューション)モデルとして位置づけ。

242 SEは、フロア型5ウェイスピーカー。バスレフ型。

オリジナルモデルとの変更・改善点はリン独自の3Kアレイ部、ベースドライブユニット、クロスオーバーネットワークの3点。 一方、エンクロージャーの形状、内部構造はオリジナルモデルと同一。

内蔵のパッシブネットワークの他、LINNのパワーアンプによるユニットの直結駆動が行えるLINN AKTIVを実現するマルチアンプ駆動にも対応。パワーアンプ一台による通常の再生から、各帯域に専用のパワーアンプを用意した5ウェイマルチアンプまでに対応。

ブックシェルフ型4ウェイスピーカーのAKURATE 212 SEも同時発売。サラウンド展開時は、212SEをリアに使うなども想定されています。

普通のパッシブスピーカーにもなりますし、大変に凝ったマルチアンプシステムにも展開(しかも5ウェイ!)できるという懐の深いシステム。

実際のユーザーの声で興味深いのは、シンプルにパッシブスピーカーとしてプリメインアンプ(しかもAVアンプ)で鳴らしても、かなりのレベルで鳴っているような印象のものがあること。シンプルに高音質を得られる機種であることをうかがわせます。

一方で、マルチアンプの音はどうなのだろうと思わせるだけの余地もあるようで、音楽を楽しむ人にもオーディオを楽しむ人にもどちらにも面白そうな稀有なスピーカーなのかもしれません。

サラウンドにも対応できるシリーズなのも懐が深いです。


AKURATE+242のヤフオク出品

★ヤフオク!でLINNのオーディオ機器を見る★

AKURATE+242を楽天で見る
AKURATE+242をamazonで見る


形式:5ウェイ・フロア型スピーカーシステム
再生周波数帯域:49Hz~33kHz
使用ユニット(一本分):15mm/25mm/75mmドーム、160mmコーン
インピーダンス:8Ω  出力音圧レベル:87dB(1Wat1m,1kHz)
外形寸法:210W×1000H×380Dmm 質量:32㎏
スピーカーの製品データ:メーカーLINNのスピーカー:ナ

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
LINN INTEK 中古も
AKURATE 242 SE 中古も
LINN GENKI 中古も
LINN MIMIK 中古も
LINN MAJIK CD 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : AKURATE+242

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター