SANSUI AU-α707 中古も

サンスイのプリメインアンプ AU-α707 価格:¥129,000(税別) 発売1986年 中古対応機器情報・解説 名機紹介

サンスイアンプの主力看板シリーズ・07シリーズは1986年にαのつく型番に変更されます。その新シリーズの記念すべき初代機シリーズ3機種の真ん中グレード機の707シリーズ機。

具体的にはAU-D707XD(1985年)の後継機。パネルデザインや色も、内容も一新。また、それまでにはなかったバランス入力も装備。

パワーアンプ部には サンスイ独自のα-Xバランスサーキットを採用しているのが特徴。電源部にはαーXバランス電源を採用。トランスはシールドケース入りEI型。シャーシ構造には新開発のソリッドシャーシを採用。各種シールド構造も充実。脚部には5点支持。インシュレーターを採用。ボリュームには専用開発された6連マスターボリュームを採用。

ターンオーバー周波数を切替え可能のトーンコントロール装備。フォノMM/MC対応。サブソニックフィルター、ラウドネス装備。パワーアンプダイレクト端子を搭載、アンバランスとバランスの2系統あります。純粋なメインインではなく、ボリュームは通ります。

本機は最上位・AU-α907の下位機ですが、外観や機能などの基本的な内容はほぼ同一かつ、バランス入力も装備しているのも上位同様で、外観、内容的なコストパフォーマンスは高いと言えます。見えない部分での違いは当然あり、907のほうは左右モノラルコンストラクションとなっています。サンスイはこのぐらいの価格でも左右モノラルコンストラクションにはこだわっていなかったとも言えます。下位607との違いはやはりバランス入力が大きいでしょう。バランス入力で楽しみたい人に向いているのではないでしょうか。

CD時代への本格対応ということでの新αシリーズということで、フォノは以前より簡単に、ライン系に注力というように変わったそうです。当時は賛否両論あったようです。当時、本機に憧れながらも、ソニーのTA-F333ESXを買ってしまったという人も少なくないとか。

ヤフオク中古では2万円程度。907は4万円程度です。

AU-α707のヤフオク出品

★ヤフオク!でSANSUIのオーディオ機器を見る★

AU-α707を楽天で見る
AU-α707をamazonで見る
AU-α707をYahoo!ショッピングで見る


実効出力(10Hz~20kHz、両ch駆動) 160W+160W(6Ω)
130W+130W(8Ω)
定格消費電力(電気用品取締法) 320W
外形寸法 幅448×高さ160×奥行441mm
重量 20.3kg
:プリメインアンプの製品データ:メーカーSANSUI のプリメインアンプ:写真なし

スポンサードリンク


関連記事リスト
SANSUI AU-α707 中古も
SANSUI AU-α707i 中古も
SANSUI AU-D507X 中古も
SANSUI AU-D607X 中古も
SANSUI AU-D607X Decade 中古も

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : AU-α707

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター