Accuphase P-500L 中古も

Accuphase P-500L(パワーアンプ) 価格:¥530,000(税別) 発売1989年 中古対応機器情報・解説 名機紹介

P-500(1985年・55万円)の後継機のステレオ・パワーアンプ。P-500も、コレクター損失Pc150Wのトランジスタを6パラレル・プッシュプルで構成し、420W/ch(4Ω)、250W/ch(8Ω)の大出力を実現した機種でしたが、本機はさらに上回り、Pc150Wの広帯域トランジスタをなんと片chあたり10個を並列接続した10パラレルプッシュプルで構成。420W/ch(4Ω)、270W/ch(8Ω)のさらなる大出力を実現。そのうえ、ブリッジ接続切り替えスイッチにより、モノラルパワーアンプとしての使用も可能。なんと1100W(4Ω)、840W(8Ω)の怪物級アンプ。さらに低インピーダンス駆動にも強くなっているようです。

スペックだけから来ているのではないでしょうが、本機をアキュフェーズのステレオ・パワーアンプの名機として評価する評論家もいるようです。

大型のパワーメーター搭載。メーターの作動と照明を切ることもできます。シーリングパネル装備。左右独立入力レベル調整つき。サブソニックフィルターつき。入力はアンバランスのほかにバランスも搭載。スピーカー端子2系統。天然パーシモン仕上げのサイドボードを搭載。

まさに重厚長大路線の本格コンポの代表格と言っていい、弩級アンプです。この機種を導入するからには、大きな空間で大音音量で大型や、低能率の難物スピーカーを思い切りドライブして欲しいものです。多数のパラレル接続による弊害も、とくに小音量使用では出てくるので、ここはやはり多パラレルによる大出力アンプの持ち味を生かした使い方が求められるでしょう。最新の高品位なボリュームを積んだタイプのプリアンプとの組み合わせではどんな音がするでしょうか。入力レベルがあるので、プリなしでも一応使えます。

近年のPC/デスクトップオーディオとは別の方向性の機器ですが、ハイレゾ音源を実演さながらのリアルな音量で再現するにはこういうパワーアンプも必要な気がします。ヤフオク中古相場は15万円程度で安定しています。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時)2014年
142,980 円 1件 8月29日
動作に関しては、バランス入力及びSPEAKEROUT(A.B)よりの出力にて動作確認済でございます。
又、外観に関しては、本体には汚れや細かなキズが所々見受けられる他目立つキズがサイド部に2ヶ所見られますが
大きな動作不良等は見受けられません。

P-500Lのヤフオク出品

★ヤフオク!でAccuphaseのオーディオ機器を見る★

P-500Lを楽天で見る
P-500Lをamazonで見る


仕様など
出力は上記参照
消費電力 185W(無入力時) 980W(電気用品取締法) 920W(8Ω負荷定格出力時)
外形寸法 幅481×高さ210(脚含む)×奥行445mm 重量 35.0kg
:パワーアンプの製品データ:メーカーAccuphaseのパワーアンプ:写真なし

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
Accuphase E-306 中古も
Accuphase A-30 中古も
Accuphase P-500L 中古も
Accuphase E-303 中古も
Accuphase C-240 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : P-500L

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター