YAMAHA A-S300 中古も

ヤマハのプリメインアンプ A-S300 定価40950円 発売2010年 中古対応機器情報・解説

DENONやマランツが強い4万円程度のプリメインアンプに久々にヤマハが投入したエントリー機。定格出力は60W+60W(8Ω)、最大出力は100W+100W(8Ω)。ディスクリートパワーアンプを搭載。

この価格ながら、左右対称コンストラクションを採用し、また多機能なのも特徴。

左右独立アルミ押し出しヒートシンクや不要共振を抑制するというアートベース、カーボンシース・ブロックケミコン、バナナプラグ対応大型スピーカーターミナルなど価格を考えるとかなりの物量。

MMフォノ/ライン入力を装備。効き目を連続的に可変できるコンティニュアス・ラウドネスはヤマハらしい機能。トーンコントロール、サブウーハープリアウト装備。

別売りのiPodドック「YDS-12」を接続できるポートも装備、本体内で信号をバランス受けして増幅を行うという凝りよう。電源トランスは、このドック端子専用巻線を個別に用意しており、レギュレーターも含めた独立電源回路によって音質面への配慮を行うほどipodを重視。

単品オーディオ機器の価格上昇と物量内容の後退が進んでいる最近ですが、本機は近年まれに見る価格を超えた物量機だと思いました。

ところが、さらに驚いたことに、2014年に本機の後継機、A-S301がわずか1000円アップで登場。それなのに、プリメインアンプとして内容はほぼ同じながら、24/192対応のDAC機能が追加(ipod関係はなくなったようです)。

ただ、定価で見ればお買い得ですが、DACは要らない人には生産完了になった本機を中古で買ったほうがお得かもしれません。

YAMAHA)(A-S300のヤフオク出品

★ヤフオク!でアンプのオーディオ機器を見る★

YAMAHA)(A-S300を楽天で見る
YAMAHA)(A-S300をamazonで見る
YAMAHA)(A-S300をYahoo!ショッピングで見る




のヤフオク出品

★ヤフオク!でアンプのオーディオ機器を見る★

を楽天で見る
をamazonで見る
をYahoo!ショッピングで見る


仕様・スペックなど
定格出力(20Hz~20kHz、0.02%THD):60W+60W/8Ω、70W+70W/6Ω
実用最大出力(JEITA):100W+100W/8Ω、110W+110W/6Ω
音声入力:6系統(チューナー1、RCA3、フォノ〔MM/MC〕1) その他入力:ドック1
音声出力:2系統(レックアウト2) サブウーファー1 
消費電力:150W
外形寸法:435W×151H×387Dmm 質量:9.0kg
:プリメインアンプの製品データ:YAMAHAのプリメインアンプ:カエレバ

スポンサードリンク


関連記事リスト
HEGEL H1 中古も
YAMAHA A-S300 中古も
QUAD 66pre 中古も
ATOLL IN100SE 中古も
Nmode X-PM2 中古も

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : YAMAHA)(A-S300

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター