テクニクスが復活するようです。

日本経済新聞のインターネット版の8月17日の記事にテクニクス復活の記事が出ていました。

パナソニックは高級音響機器ブランド「テクニクス」を復活させる。2014年度中にテクニクスブランドでコンポなどを日本と欧州で発売し、音にこだわりを持つ消費者を取り込む。08年の社名変更以降、ブランド統一を進めており、テクニクスも10年に生産を終了していた。購買層や地域に応じて最適なブランドを展開するマルチブランド戦略に転換する。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO75768520W4A810C1TJC000/
テクニクスは旧松下電器、現パナソニックの単品オーディオ機器用ブランドでしたが、記事にあるように、2010年に製品の発売を終了していて(SL-1200MK6)、ブランドは休止状態でした。それが復活するそうです。400~500万円の高級システムや40万円ほどのコンポを発売するとのことで、まさに「Technics」復活のようです。去年、ハイレゾ再生対応ミニコンポ「SC- PMX9」で復活できたらみたいな方向性は打ち出していましたが、ミニコンポでしたので、本格復活は無理かなと思っていたので、驚きましたが、嬉しいニューズです。

テクニクスはエントリーゾーンから国産としてはハイエンドクラスの機器まで取り揃えていて、その技術内容が独自なのも特徴でした。あと最近まで生産されていた、アナログターンテーブルのSL-1200シリーズが幅広く有名でした。

個人的にはバッテリー駆動にこだわって、本当にバッテリー駆動のプリアンプを出したり、竹を使ったコンデンサーにこだわったり、超弩級のスピーカーシステム・SB-M10000という存在だけでも驚くものを出したり、そういう覚えがあります。

自分はパナソニックブランドですが、大変なハイCPと思う、PWMデジタルアンプのAVアンプを使っていて、この技術を使ったアンプをテクニクスで出すのか気になります。

また、超小型ながらワイドレンジで評判のスピーカー、SB-M1、SB-M10000を現実的なサイズ、形にしたSB-M1000が個人的に導入してみたい機器でもありました。これらの最新版が出るのかも気になります。また、過去の名機のメンテナンスなどもできるようになるのかもです。

メーカーからの公式発表はまだですし、なぜかファイル・ウェブのような専門サイトでもニュースになっていないのは不思議ですが、他にも掲載している新聞はあるので、間違いなさそうです。

まずは公式発表やファイル・ウェブなどでの専門ニュースを待ちたいところです。

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
Technics SB-M01 中古も
テクニクスが復活するようです。
Technics SE-A5 中古も
Technics SL-PS770D 中古も
スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

お金があれば、人生やり直せると思いませんか?

私と同じような体験をしていたらごめんなさい。
母子家庭で6歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
そんなとき、こんな掲示板を知りました。
一生使い切れないほどのお金が振り込まれたんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に助かりたい人だけに教えます。
知りたい方はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに教えます。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター