QUAD 11L 中古も

クォードのスピーカー QUAD 11L 定価:¥100,000(税別・ペア)発売2004年 中古対応機器情報・解説 名機紹介

英国のクォードというと、何と言ってもエロクトロスタティック(コンデンサー)型のスピーカーESL-63などで有名で、ダイナミック型スピーカーの印象はないメーカーでしたが、そんな同社は2004年に、小型2ウェイ・ブックシェルフタイプのダイナミック型を2機種発表し、オーディオ業界を驚かせました。

11Lと12Lがそれ。ここではより小型の11Lを紹介。2ウェイ・バスレフ型で、12.5センチウーハーを搭載。このウーハーはケブラー繊維に樹脂を含ませた振動板を採用。ケブラーの特性に程よい内部損失を持たせるための手法ですが、その程度のさじ加減に音質上のノウハウがあり、さすがにクォードのうまさがあるようです。エッジはブチル系ゴム。センターキャップは剛性の高いタイプ。ツィーターは25mmのシルクドーム。フレームはともにアルミダイキャスト。ユニットはいづれも自社生産。ネットワークは空芯コイルとフィルムコンデンサーで構成。リアバスレフ型で、バイワイヤリング対応。バーズアイメープル、ローズウッド、ブラックの3つの色がありました。

12Lは基本内容は同じで、ウーハーが17cmに、またサイズが全体に大きくなっています。この2機種では11Lのほうが評価、人気が高かったようです。後継機やバリエーションも本機のほうが多いようです。この2機種はあのCelestion出身のエンジニアが設計し、また、中国工場で低価格かつ高品質の製品を作ることに成功したクォードとして最初の例だったそうで、ハイコストパフォーマンス機としても知られています。

音質的にも、本機は12Lより低音やスケール感は負けるようですが、全体に上品さを感じさせながらも、中域の密度感が高く、まとまりも良い、などと発売当時、石田善之氏は評論していました。クセのない滑らかさ、スムーズさもあり、それはまさにクォードのコンデンサー型スピーカーに通じるもののようです。

小型でべらぼうに高価でなく、それでいて、塗装などの外面の仕上げも美しく、小型スピーカーの新たな名機と言えるものだったようです。現在のPC/デスクトップオーディオにも向いているはずですが、12Lよりは鳴らしにくくアンプは選ぶかもしれません。クォードの往年のアンプを当てるといいのでしょうが、それだとおおげさになりすぎるかも(セパレートになってしまうことが多い)。2007年には、ツィーターやネットワークなどが改良され「11L2」へモデルチェンジしました。2011年には日本限定モデルの「11L Signature」も出ています。

QUAD)(11Lのヤフオク出品

★ヤフオク!でスピーカーのオーディオ機器を見る★

QUAD)(11Lを楽天で見る
QUAD)(11Lをamazonで見る


Frequency Range:50-20kHz
Sensitivity:84dB for 2.83V input at 1meter
impedance:6Ω
Dimension:325 x 190 x 243mm
Weight:7kg
:スピーカーの製品データ:メーカーQUADのスピーカー:写真なし

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
ATC SCM11 中古も
Victor SX-WD5 中古も
QUAD 11L 中古も
Sonus faber MINIMA 中古も
DYNAUDIO EXCITE X16 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : QUAD)(11L

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター