LUXMAN D-600s 中古も

ラックスマン CDプレーヤー D-600s 定価:¥149,000(税別) 発売1996年 中古対応機器情報・解説

1994年のD-500以来のラックスマンのCDプレーヤーで上位機のD-700sに続く機種。D-500まで3機種続いたトップローディングによる独特な形状をやめ、普通のフルサイズコンポになっています。

HDCDに対応し、アナログバランス出力も装備。デジタル出力はコアキシャルのRCAピン端子のみ装備、ヘッドホン端子など、機能、特徴は上位D-700sと同じです。当時発売されていたプリメインアンプとデザインを揃えてあるのも同じで、前面パネルは見分けがつかないほど。重量も同じ。

また、機能も同じですから、どこが違うの?となります。DACも同じバーブラウンPCM1702を2基搭載。8倍オーバーサンプリングデジタルフィルター搭載。これで3万円以上違うのですから、少なくとも、前から見た外見上のCPは本機は上位より高いと言えるでしょう。前からというのは実はボンネットは700は木製、本機は金属。こういうところで違いがあります。

やはりオーディオ機器ですから、違いは価格なりにあるようで、電源部のこだわりやパーツ、アナログ回路などが違うようです。そのあたりが物理スペックに現れていて、D-700sよりSN比など10dBも悪いです。これは当時の安価なCDプレーヤーよりも悪く、音にはそう関係ないとも言われますが、どうしたことかと思います。ラックスマンのフルサイズCDプレーヤーはそれまであまりなかったことも関係しているのでしょうか。

また、ラックスマンはフルサイズコンポタイプのCDプレーヤーで15万円を下回る手ごろな機種はこのあと出さなくなってしまいます。SACDやUSB-DAC機能もつけなければならない現在では安価な機種を作るのが難しくなっているからかもしれません。

そういう点で本機はCDのみ聴ければいいというラックスマンの愛好家に、比較的安価に中古で買える機種として注目かもしれません。ヤフオク中古では6万円程度です。ちなみに700は8万円程度。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時) 2014年
59,000 円 70件 8月11日 ◇ 正常に動作しておりますが同軸ケーブルとバランスケーブルは未確認です。
◇ ヘッドホン出力もガリなど無く正常に動作しています。◇ リモコンには使用による小傷があります。

LUXMAN+D-600sのヤフオク出品

★ヤフオク!でLUXMANのオーディオ機器を見る★

LUXMAN+D-600sを楽天で見る
LUXMAN+D-600sをamazonで見る
LUXMAN+D-600sをYahoo!ショッピングで見る


仕様・スペックなど
使用DACはPCM1704
ダイナミックレンジ 96dB(EIAJ)
S/N比 100dB(EIAJ)
チャンネルセパレーション 103dB(BPF-1kHz)
アナログ出力 RCAアンバランス 1系統、XLRバランス 1系統
デジタル出力 同軸 1系統
最大外形寸法 幅467×高さ144×奥行396mm
重量 9.5kg
:CDプレーヤーの製品データ:メーカーLUXMANのCDプレーヤー:バランスout:カエレバ

スポンサードリンク


関連記事リスト
LUXMAN D-10 中古も
LUXMAN DU-7i 中古も
LUXMAN D-600s 中古も
LUXMAN L-507s 中古も
LUXMAN D-700s 中古も

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : LUXMAN+D-600s

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター