ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート 2012

あけましておめどうございます。今年もよろしくお願いいたします。

新年一発目は恒例のコンサートについて。

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」 を見ました。

何日か前、NHK-BSプレミアムで放送された映画・ラフマニノフ ある愛の調べ を見ました。

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

夢のタクトを振る日を見ました

佐渡裕指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会のドキュメンタリー番組が地上波に登場。リアルタイムで視聴しました。

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート 2011

ニューイヤー・コンサート2011
ウェルザー=メスト(フランツ)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2011-01-26)
売り上げランキング: 1710

ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート 2011をTV生放送で全て見ました。

今年はフランツ・ヴェルザー=メストが初登場。カラヤン以来の地元オーストリア出身、しかもウィーン国立歌劇場音楽総監督に就任した後となれば、大きな注目と期待を集めないわけにはいかないでしょう。

プログラムは異国情緒がテーマの一つらしいのですが、どうもいまいち馴染みのない作品が多かったような気がします。最近、そういう傾向であることはわかっているにしても。

さて、演奏ですが。みなさんはどうお感じになったでしょうか?

このコンサートはお祭りだし、指揮者のほうもいつものようには指揮しないからあまり違いはない、なんていう人もいるでしょうが、それなりに違いはあると思っています。

ヴェルザー=メストは定期公演でも感じる、ややクールで洗練された感触が、このお祭りイベントでも表れているように思いました。

なんというか、ややまじめで折り目正しい印象。キレが良くて、怜悧な感じもありますが、あまり、愉悦感や艶やかさといった方向でないところが、ブレないというか、個性的。

なにかまるでクリーブランド管弦楽団にウィーン・フィルのマネをさせているかのような不思議な印象も持ちました。

ヴェルザー=メストはまじめなのでしょうか?いつもの楽しい演出もなんだかとっても無理して、やっとやっている感じがかわいそうなくらいでした。そもそも緊張していたのかもしれません。プレッシャー?

お客さんは以上のような指摘をまったく意識していない様子なのも面白く見えました。何回も写る特定のお客さんは、どこかの国の偉い人とかなのでしょうか?

彼(ヴェルザー=メスト)の立場や実力からもこれから何回も登場すると思うので、これからも楽しみには思いました。


CDのジャケット写真も笑っていない…

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ユンディ・リがスーパーモーニングに出演!

中国出身の世界的ピアニスト、ユンディ・リさんが、テレビ朝日の朝の報道番組・スーパーモーニングに16日、生出演し、演奏も披露しているのを見ました。

純クラシックの演奏家がかなり長い時間を割いて紹介されるのは珍しいし、たいしたものだと思います。

彼もショパンコンクール優勝者出身ですが、なかなかブーニン以外一般に露出・名前が浸透しないだけに。

ショパンの「英雄ポロネーズ」を生で披露していましたが、緊張のせいか前半調子が出なかった感じですが、後半、緊張が解けたのか本来のパフォーマンスになっていたように思いました。

近年の中国系ピアニストの台頭はラン・ランはじめ、ほんとうにすごいものがありますね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ショパン生誕200年ガラ・コンサートの感想

数日前のショパン生誕200年ガラ・コンサートのBS放送の感想です。

デミジェンコというピアニストは不勉強で、あまり知りませんでした。そうか、ハイペリオン・レーベルでレコーディングしているのですね。ロシア系ピアニストということですが、力押しよりも、繊細なほうのタイプのようでした。

エフゲニー・キーシンの演奏が今回の本命。演奏は彼がいちだんと成長していることを感じさせます。かつてのともすれば優等生的な表現から、自在な方向へ表現が広がって感じられたからです。

また、今回のショパンでは、他の作曲家の、キーシンの演奏で感じられることのある、妙な息苦しさや切迫感が感じられなかったのも印象的でした。ただ、それが彼らしいのかどうかわからない気も一方でしましたが。

会場の彼への喝采はすごいものでした。

さらにダニエル・バレンボイムのショパン。バレンボイムはベートーヴェンやモーツァルト、シューベルトといったあたりをピアニストとしての主要レパートリーにしており、ショパンは珍しいほうです。

演奏は重厚なもので、ベートーヴェンを得意とする彼らしいとも思いました。一般に比べて左手方向の充実がとくに耳に残りました。いや、ほんとうに、ショパンというよりドイツ・ロマン派みたいでした。

しかし、バレンボイムは指揮が忙しいだろうに、いったい、いつピアノを練習しているのでしょう。ピアノ専門の演奏家でも大変だろうに。

ところで、ショパンというと最近、ショパン本来の意図をより復元したとされる楽譜「ナショナル・エディション」の登場が話題でもありますが、今回の演奏会で使われていたかはよくわかりません。印象からすると、とくに使われていなかったように思います。従来と違うところが特段、聴こえた様子はなかったもので…。バレンボイムはピアノ・ソナタ第二番の繰り返しを行っていませんでしたが、それは関係ないようですし。

今回の演奏会、まだ見ていない人は、これからBS2でも放送されるので、見てみてはいかがでしょうか。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート生中継をBS-hiで聴きました

昨日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のヨーロッパ・コンサートの生中継をBS-hiで聴きました。

サラウンド放送普及を意図した特別番組の枠内で特別に実現したものでした。

指揮はダニエル・バレンボイム。場所はイギリス・オックスフォード大学のシェルドニアン講堂。曲目は、

ワーグナー:《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より第1幕への前奏曲
エルガー:チェロ協奏曲 独奏・アリサ・ワイラースタイン(28)
ブラームス:交響曲第1番

二曲目を見てください。ソリストは女性です!

クラシック音楽に詳しい人なら驚くのではないでしょうか。

バレンボイムは、不世出の女性チェリストと言われた、ジャクリーヌ・デュ・プレ(1945-87)の夫であり、彼女がもっとも得意とし、今でも最高の名盤といわれるエルガーのチェロ協奏曲自ら指揮もしています(バルビローリ指揮盤もある)。

しかし、デュ・プレは多発性硬化症という難病により、若くして亡くなってしまいました。

バレンボイムもそれ以降、エルガーのチェロ協奏曲を指揮することはほとんどなかったはずです。

それが、なんと女性ソリストで指揮するのです。

よほどのものが彼女にあるからこそ、あえてこの曲を、しかもベルリン・フィルで指揮するのでしょう。

彼女の演奏は現代の若手奏者とは思えない太さのある音が個性的で、デュ・プレの再来という方向性かはわかりませんが、たしかに一味違います。

しかし、今回の放送、みなさんどうでした。いや演奏じゃなくて、放送クオリティ。

どうも生放送だと、収録よりもかえって品質の確保が難しいように感じました。

以前から一部で指摘されているように、生でヨーロッパからデータを送る場合、情報量に制限があるらしく、今回もいまひとつのクオリティに感じました。

FMのように音にリミッターが感じられるし、情報量ももうひとつ。

サラウンド放送を普及させるのが目的のようですが、これでは放送の真の実力・潜在力を一般の人にアピールしきれたのかすこし不安に思いました。

アリサ・ワイラースタインのデビュー盤。


デュ・プレ~EMI完全録音集(17枚組)なんと約4000円。
ジャクリーヌ・デュ・プレ~EMI完全録音集(17枚組)

EMI (2007-12-01)
売り上げランキング: 2917

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

N響アワー 中村紘子さんの特別公演 「ピアノ協奏曲の夕べ」を見ました

昨日今年最後のN響アワーを見ました。デビュー50周年をむかえたピアニスト・中村紘子さんの特別公演 「ピアノ協奏曲の夕べ」とご本人へのインタビュー、という内容でした。

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

NHK-FM ウィーン・フィル定期演奏会の感想

先日、12月1-4日にかけて放送された、ウィーン・フィル定期演奏会の感想を今日は書きたいと思います。
みなさんは聴かれたでしょうか?

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター