aiwa ハイレゾDAP

20191412.jpg
オーディオ歴の長い人にとってうれしい?ニュースが入ってきました。

アイワ(aiwa)が復活します。

日本を代表するオーディオブランドで、幅広くゼネラルオーディオ製品を展開し、かなりの人気と知名度があったアイワ。残念ながらソニーの傘下に入ったあと、2006年ごろにその活動を停止していました。

それが今回電撃的に復活。

と言ってもソニーが復活させるのでも、元のアイワがそのまま復活するのでもなく、国内EMSの「十和田オーディオ」が設立した会社。ソニーが今年、十和田オーディオにaiwaのブランド使用権を譲渡し、これを受けての復活。

十和田オーディオはソニーのラジオの製造に関わるなど実績はあるようですが、旧アイワとの関係は無いようです。それでもあえてアイワの名前を使うのですから、ぜひ、頑張って欲しいです。

アイワというと安価なミニコンポ、CDラジカセのイメージも強いですが、単品カセットデッキでは非常に高品位な製品で定評がありました。今後、単品コンポに進出するかはわかりませんが、こちらも期待したいです。

今回の復活でハイレゾDAPやBTスピーカー、CDラジカセ、レコードプレーヤー、そして4Kテレビといろいろ出します。懐かしいCDラジカセ、レコードプレーヤーもありますが、それ以外はいかにも現代的。

ここではハイレゾDAPをご紹介。

19,800円前後での販売を想定。「一通りのハイレゾフォーマットの再生に対応する」(担当者)とのことで、384kHz/64bit音源の再生も可能なスペックはこの価格では注目もの。内蔵メモリーはなしで、microSDスロットを1基搭載。ヘッドホン端子はアンバランス1系統。

ソニー傘下になる前はそれこそソニーより安いけど、そこそこ高品位で鳴らしたアイワのポータブルオーディオ。カセットプレーヤーは音質に有利な鉛電池を使用するなど安いだけではない面白さに溢れていました。

今は競争相手が中国系のコスパを武器にしたメーカーも多く、なかなか安くてそこそこみたいな感じでは勝負できません。この価格ならバランス接続できるくらいでなければ難しそう。それもパイオニアのXDP-30Rが実売28000円で国内大手も強いです。

アイワらしい?ダサい?デザインはらしいと言えるでしょうか。

個人的にもアイワの製品には大変お世話になりました。ミニコンポも数台も使いました。手元にはポータブルCDプレーヤーもあります。一部では有名なレコードプレーヤーはOEM品のほうを持っています。子供のころは高級CDラジカセに憧れたものです(結局買えなかった)。アイワは若者にとって手の届くオーディオ製品として大きな存在感を放っていました。相対的にゼネラルオーディオ製品の価格、価値が下がった現在。新生アイワの切り開く道はどんなものでしょうか。

aiwaのヤフオク出品

★ヤフオク!でDAPのオーディオ機器を見る★

aiwaを楽天で見る
aiwaをamazonで見る


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : aiwa

Shanling M2s


新製品オーディオ機器紹介。安価でも高性能、高音質でハイCP化著しい中国系メーカーによるDAP最新機をご紹介。

軽量コンパクト、そして低価格で人気のDAP・M1を日本発売している中国シャンリン(Shanling)のM1上位機です。従来機M2の後継機でもあり、好評だったM1のデザインを取り入れています。サイズ:53*14.5*85.6mm 重さ:約100g

DACに旭化成AK4490、オペアンプにMUSE8920を採用。3インチディスプレイを搭載、DSD11.2MHzまでの再生に対応、Bluetoothにも対応。USB Type-Cを備え、DAC機能も搭載。USB出力も搭載となかなかのもの。全世界4月28日発売、価格は1,098元。日本円では18000円程度です。さすがにバランスヘッドホン端子はないようです。

対応ファイル形式:ISO,DSF,DFF,APE,FLAC,ALAC,M4A,WMA,AAC,OGG,MP3,WAV,AIFF

対応ファイルにDSDのISOがあるのが中国メーカーらしいです(FiiOもそう)。DSDのISOは怪しいと思う人もいるようですが、海外のハイレゾ配信サイトで普通に販売されているので、再生機能が欲しい人は案外います。国内メーカー品でもISO再生機能を付けて欲しいところですが、難しいのでしょうか。

まだ国内発売されていませんが、代理店に伊藤屋国際というDAPに実績のある企業が付いたそうで、今後近いうちの国内正式発表が期待されます。

Shanlingはご存じの方もおられるでしょうが、ハイCPな単品コンポを得意とする中国のオーディオメーカーです。2000年ごろに純A級で50W+50W、しかもデジタル入力を備えながら20万円未満のプリメインアンプを出していて、しかも音質評価も高かったのが印象的でした。

ポータブルオーディオも得意というより業界を引っ張れるほどの実力があるようです。

本機の国内本格導入を待ちたいですね。

追記:国内発売発表されました。価格は24800円でした。もう少し下がるとうれしいかな、といったところです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

Cayin N3

cayinN3.jpg
オーディオ機器紹介。中国Cayin(カイン)から、2万円程度のお手頃価格ながら、DSD 11.2MHzまでネイティブ対応するハイスペックなDAPが3月にも国内発売されるそうです。

2月18日の土曜日に中野サンプラザで開催された「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研) 2017冬」で発表されました。

N3のサイズは100mmx54mm x13mm。重量は100gは無いとのこと。2.4インチの TFT 400x300 IPSカラー液晶画面を搭載。本体ストレージはなく、256GBまで対応するmicroSDカードスロットを装備します。また、USB OTGにも対応し、音楽ファイルを保存したUSBメモリー中のファイルを再生できます。

DACチップに旭化成エレクトロニクスの「AK4490EN」を1基搭載。PCMは192kHz/24bitまで、DSDは11.2MHzまでネイティブで対応します。対応ファイルはDSD64/128/256, SACD-ISO, FLAC, ALAC, AIFF, WAV, APE, AAC, MP3, WMA。

出力130mW×2ch(32Ω)のステレオミニヘッドホン出力を装備。さすがにバランス端子には対応していません。

とは言え、ライン出力、同軸デジタル、USBオーディオ出力と豊富な出力を装備。USBは今後普及が見込まれるUSB Type-Cを採用しています。

Bluetoothにも対応。コーデックはaptXもサポート。内蔵バッテリーの持続時間は最大12時間です。

最近は2万円程度でもかなりの高機能、高音質のDAPが中国メーカーから出てきています。最近ではxDuoo X10があります。また、Shanling M1も1万円台にしてDSD対応、USB出力対応で注目されています。

本機は、この価格帯では異例のDSDネイティブ再生対応と11.2MHzまでOKが大きいでしょう。DSDは再生できてもPCM変換、レートも5.6どころか2.8MHzどまりも多いからです。

また、USBオーディオ出力も注目。USB入力可能なポータブルヘッドホンアンプと組み合わせることで、さらなる高音質も狙えます。最近はコード社のMojoとUSB出力DAPと組み合わせる人が多いようです。

カインは上位にもいくつかDAPを出していて、バランスヘッドホン対応など、さすがに上位らしい内容です。とは言え、本機はこの価格帯としてはかなり魅力的。ひとまず本体でのバランスヘッドホン駆動にこだわらなければ、DSDネイティブ再生をできるだけ安く仕上げたい人やマニアのサブ機にもいいのではないでしょうか。

ハイレゾDAP初心者用としては中国メーカー機は操作性などに癖がある場合があるので、発売されてから、DAPに詳しいユーザーのレビューを見てからのほうがよさそうです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

xDuoo X10


オーディオ機器紹介。中国xDuooブランドのポータブルオーディオプレーヤー(DAP)・X10が国内発売中。

DSDに対応し、また、DACチップに旭化成のAK4490を採用(シングル)しながらも、何と約2万円程度の価格なのが大きな魅力です。

本体サイズは53×107.5×16.5mm、重量は141g。2インチ、240×320画素のフルカラー液晶ディスプレイを採用。再生対応ファイルはAIFF、APE、FLAC、ALAC、WMA、WAV、MP3、ACC、OGG。そしてDSDにも対応。ただし、PCM変換となります。PCM系は24bit/192kHzまでの対応です。

オペアンプには新日本無線のMUSES8920を採用。ヘッドホン出力は3.5mmアンバランスのみで、さすがにバランス出力には対応しません。さらに、3.5mmミニ端子によるアナログ出力、アナログ出力兼用の光デジタル出力も備えます。外部DACに繋ぐこともできます。2400mAhのバッテリーを内蔵。9時間以上の再生が可能としています。

価格から見たコストパフォーマンスは文句なしのハイCP。すでに多くのDAP愛好家が、価格とは関係なく購入しているようです。

ライバルとしてはShanling M1。そちらもDSD(PCM変換)対応。また、掌サイズのコンパクト。DACはそちらは旭化成エレクトロニクスでもAK4452。

つまり、xDuoo X10は、DSDはPCM変換で良く、PCMも24bit/192kHzまでで十分。ヘッドホン出力もアンバランスのみで十分、っとはいえ、DACチップには多少こだわりたい、という人に向いているでしょう。

実際にShanling M1と比べた人によると、xDuoo X10のほうが解像度は高く明瞭な音で、この価格帯としてはかなり優れているようです。Shanling M1は高域の伸び、レンジ感にヒケを取るようです。

ただ、ソニー、オンキヨーのような国内メーカーでないと不安、という人にはおすすめできません。多少の不具合(文字化けとか)は許容できるような人に向いているでしょう。

正直、Shanling M1かxDuoo X10のどちらかを導入してみたいくらいですが、案外迷いますね…。どちらにしても1台だけでは済まない気もするのでなかなか手を出せないです。

実用面では曲の最初の0.数秒が再生されない場合がある、アルバムからの再生ではトラックNo.タグが反映されずファイル名順に再生される、曲名タグも読み込まない、といった人によっては小さくない問題があるようです。ファームウェアのアップデートによる改善の可能性はあります。買う人はこの仕様も考慮してからになさってください。

どうしてもバランスヘッドホン端子にも対応も気になります。そうすると、かなり高くなってもFiiO X5 3rdが気になります。


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター