Pioneer SC-LX701


ONKYO DIRECTでSC-LX701を見る
オーディオ機器紹介。オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドの上級AVアンプ「SC-LX901」「SC-LX801」「SC-LX701」3機種を9月上旬に発売すると発表しました。

・11.2ch AVアンプ SC-LX901 ¥410,000(税抜)
・9.2ch AVアンプ SC-LX801 ¥350,000(税抜)
・9.2ch AVアンプ SC-LX701 ¥233,000(税抜)

ここではシリーズ末弟のSC-LX701を詳しくご紹介します。これら3機種は非常に共通点が多く、最も安価なSC-LX701は機能面から見たコストパフォーマンスが高いことが魅力です。ハイCPを重視するユーザーにはおすすめのAVアンプです。

まず、3機種共通の内容をご紹介。

毎年のようにモデルチェンジが行われるAVアンプ。というのも、ほぼ毎年のようにサラウンドフォーマットが出てくるため、それに新対応する必要があるためです。今回はオブジェクトオーディオのDolby AtmosやDTS:Xに対応するという必要性がありました。昨年モデルではDolby Atmosに対応、DTS:Xはアップデートで対応という方式でした。ですから、アップデートさえすれば昨年モデルもサラウンドフォーマット面では同等になってしまいます。そこで、新たな製品上の付加価値をつけるべく?今年はイネーブルドスピーカーへの対応を強化させました。

また、ネットワークオーディオプレーヤーとしても働くのが当たり前の最近のAVアンプ。単体機同等くらいの高性能も当たり前です。ただ、DSD再生ではネイティブではなく、PCM変換再生が多いのが残念な点でした。パイオニアの新シリーズではネットワーク再生機能で、DSD 11.2MHzまでのネイティブ再生に対応。単体高級機なみの高性能になりました。

アナログ音声が7系統(Phono MM含む)、光デジタル音声×3、同軸デジタル音声×2、コンポーネント×2、コンポジット×2。出力端子は、コンポーネント×2、ゾーン音声出力×2を用意。全モデル11.2chのプリアウトも備えているなど入出力系も同一。HDMIは4K/60p 4:4:4、24bitの伝送、HDR、色域BT.2020に対応。端子数はいずれも8入力、2出力で、そのうちHDCP 2.2対応は5入力、2出力。これも3機種共通。

Pioneer_SC-LX701_R.jpg

外形寸法はいずれも435×441×185mm(幅×奥行き×高さ)。消費電力と重量は、LX901が340Wで18.2kg、LX801が320Wで18kg、LX701が310Wで15.4kgと筐体が共通であることがわかります。

パワーアンプ部はこれまで同様独自のD級アンプ「Direct Energy HD Amp」を搭載していますが、その仕様を刷新。基板のパターニング、レイアウトから徹底的に見直すなど、音質面での改善を施しました。

いずれのモデルも、DACはESSの「ES9016S」を2基搭載。オーディオ用カスタムコンデンサーも随所に採用。デジタル回路部の信号処理精度を高め、SN比を向上させる「低ESRカスタムコンデンサー」も搭載しています。ルビコン社と共同開発した「PML MUコンデンサー」、JRC社と共同開発したオペアンプ「NJM4585」も同様に搭載。

ES9016S.jpg

ALACの176kHz/192kHzなどのPCM系ハイレゾ音源や、DSD 11.2MHzまでをUSB/ネットワーク経由で聴取可能。Wi-Fiも内蔵。Bluetooth機能も備え、ワイヤレス再生も可能。そのほかGoogle Castやradiko、tune inといったストリーミングサービスも楽しめます。スマートフォンやタブレットでAVアンプを操作できるコントロールアプリ「iControlAV5」も用意。

お得意の音声アップコンバートシステム「AUDIO SCALER」も搭載。

ネットワーク経由の音楽ソースを全て低ジッター伝送する新技術「PQFA(Precision Quartz for File Audio)」を搭載したことが大きなトピック。パイオニアはご存知のようにこれまで、HDMI接続において、ジッターレス伝送を可能にする「PQLS」を採用してきました。その考え方をベースに、ネットワークオーディオやメモリ再生にも同様に機能する低ジッター伝送技術を開発しました。

パイオニアによると、ネットワークオーディオやメモリ再生でも音質低下に大敵のジッターは存在すると言います。そこで、PQFAは、ネットワークモジュール、DSP、DACの3つ全てを高精度のクロックで制御し、低ジッター伝送を可能にしたとしています。インターネットラジオまでも含むストリーミング音源の再生でも音質を改善できるとしています。制御するクロックも、44.1kHz系統と、48kHz系統で個別に用意した周到ぶり。

パイオニアのAVアンプが得意とする音場調整機能は、フルバンドフェイズコントロールを含む同社最上位の「MCACC Pro」を搭載。MCACC Proはイネーブルドスピーカーを使ったドルビーアトモス/DTS:Xの再生にも最適化が可能で、イネーブルドスピーカー専用の調整機能「ReflexOptimizer」も新搭載しました。

今回の新製品で注目なのは、やはりPQFAでしょう。ネットワークオーディオとUSBメモリ再生においてジッター対策というのは業界的にも初めてのもの。今後はパイオニアの単体ピュアオーディオコンポにも搭載されることが期待されます。

普通だったら、上位と下位で差別化されそうな部分も今回は結構共通化されているという印象です。おそらく、少しでも価格を安くするために、設計面、製造面での合理化がより迫られているのでしょう。オンキヨーと一緒になってまで生き残りをかけるパイオニアは常に大変な状況であることも大いに関係あるでしょう。

では、どこが上位と差別化されているかという点です。最大出力は、LX901が340W×11ch(4Ω)、LX801が340W×9ch(4Ω)、LX701が320W×9ch(4Ω)。チャンネルあたりで見るとほとんど変わりません。というか、こんな大出力は普通は使わないでしょう。

最上位のLX901はパイオニア初の11chAVアンプとなっているのが大きな特徴であり、LX701との違いです。ですが、LX701にも11.2chのプリアウトがあるので、外部パワーアンプ追加で11.2ch再生はできます。

LX901とLX801は、イギリスの名門スタジオ「AIR Studios」による音質チューニングを受けているのも、パイオニアのこれまでの上位機同様です。LX901のみ、微小信号の高精度処理に貢献する「シールドDC/DCコイル」も搭載。中高域だけでなく、低域のより繊細な表現が可能になったとしています。アナログ電源部には、映像や音声信号に影響を与える漏洩磁束の低減を図る専用チューニングを実施しているのも違い。このあたりはスピーカーからの音質に少なからず影響はすると思いますが、それが価格差程度のものかが問題でしょう。

今回のモデルチェンジでこれまでよりも後退した点は、ハイレゾオーディオファイルのマルチCH再生にも対応しない点。グループのオンキヨーでは装備していることから、住み分けしたものとも考えられます。アナログマルチCH入力もありません。アナログ出力を持つSACDマルチプレーヤーとの使用はもう考えてくれないということのようです。SACDマルチをやりたいならHDMI接続可能なプレーヤーとデジタル接続してください、ということです。

SC-LX701は価格と機能、内容のバランスでは今年のパイオニアのAVアンプのなかでは一番お買い得に見えます。もちろん、ユーザーの使い方にも左右されるとは思いますが。

サラウンドを全く使わないとしても、ネットワークプレーヤー内蔵デジタルアンプとしてどれくらいの音質が期待できるのかも興味があります。さすがにパワーアンプを遊ばせるのはあまりにもったいないので、バイアンプ駆動できるステレオスピーカーを使う方に向いているでしょうけど。プリアウトを使ってサラウンドシステム以外にアクティブスピーカーでPCオーディオシステムを組むのに使うのもよさそうです。

※上位機のSC-LX901 見た目では区別がつきません

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : SC-LX701

Mark Levinson No.334L 中古も

マークレビンソンのパワーアンプ No.334L 定価\148万 1998年発売 中古対応機器情報・解説 名機紹介

No.33HLのコンセプトを受け継いだステレオパワーアンプ。普通のメーカーならハイエンドの高級品ですが、これで当時のマークレビンソンのベーシックモデル。

現在もハーマンインターナショナルにてメンテナンスできるようです。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時) 2014年
368,000円  74件 '14年5月24日
MARK LEVINSON No.334Lです、6年程前にオーディオショップのデッドストック(在庫品)を購入後電源投入50時間程でその後元箱に保存していた商品です。 ◎傷・擦れ無しの殆ど新品同様の商品です。未だエージングも出来てないと思います。
◎音質は前モデルNo.331Lとは全く異なり、No.431Lに近い音質でMARK LEVINSON特有の繊細さとダイナミックを兼ね備えた音質で巨大な電源トランスゆえ、実パワー以上のドライブ力があります。
◎私の大型スピーカー(JBL4344MⅡ)を余裕でドライブ致します。 ◎スピーカーコードを本体から、バイワイヤリングで出力出来るのも本品の特徴です。 ◎中古品ゆえ、音が出ない以外はノークレーム・ノーリターンでお願い致します。
★本体・電源コード・取扱説明書・保証書(保証期間は切れています)・元箱(新品時の梱包クッション材付)

Levinson)(334のヤフオク出品

★ヤフオク!で・アンプのオーディオ機器を見る★

Levinson)(334を楽天で見る
Levinson)(334をamazonで見る


続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : Levinson)(334

YAMAHA A-S2100

A-S2100_P.jpg
オーディオ機器紹介。ヤマハはプリメインアンプ「A-S2100」を2014年6月下旬に発売すると発表しました。価格は25万円(税別)。

新発売のヤマハの単品Hi-Fiコンポーネント“S2100シリーズ”の機種で、SACDプレーヤー「CD-S2100」も同価格で同時発売。なお、S2100シリーズは、旧シリーズの、S2000シリーズからモデルチェンジしたもの。

昨年発売の新開発のフラグシップ“S3000シリーズ”で採用した構成を積極的に投入するなどしたミドルレンジ機。本体シャーシはS2000のものを流用するなど、全くの新開発だった上位とは異なり、旧機種からのモデルチェンジによるコストメリットもあわせ持っています。

定格出力は90W+90W(8Ω)。全段フルバランス構成を採用した、フローティング&バランス増幅パワーアンプを搭載するのは旧機種から同様。プリ、メイン分離使用可能。スピーカー端子1系統。ヘッドホン端子搭載。リモコン対応。

今回、旧機種との大きな違いは、あらたに増幅素子にMOS-FETを採用したこと。これは、フラグシップモデルA-S3000で採用されたものを踏襲したかっこう。ボリュームにも、A-S3000と同等のJRC製の高品位電子ボリュームを搭載。これも旧機種からはグレードアップ。

MCヘッドアンプ付きフォノイコライザーもフルディスクリート構成でA-S3000と同等のものを搭載するなど、フォノも品位向上。

電源部には大型EIコアトランスと、22,000μF×4個の大容量ブロックケミコンを採用。ここは旧機種と同じ。

シャーシを旧機種から流用しながらも、デザインは大きく変更。フロントには旧モデルにはなかった、A-S3000と同じくPEAK/VU切替式のレベルメーターを搭載。また、新たにピアノブラックカラーを採用したサイドウッドも装備。

さて、旧機種からおよそ5万円の価格アップ。かなり外観も変わり、なにより、増幅素子がMOS-FETに変わっていることからも、かなり別モデルになったものと思われます。メーカーは、MOS-FET採用で「SN比が高く、音場感の高い音質再現を狙っている」としているので、音はこの方向で良くなったのは確かなようです。

旧機種も往年のヤマハを思わせるレトロなデザインで話題になりましたが、今回はやや小さめなメーターもついて、ますます昔のヤマハのアンプ(1970年代)を思わせるようになっている気がします。

SACDプレーヤー「CD-S2100」も、かなり内容に手を加えられ、DSD対応のUSB-DAC機能もついているので、ペアで使えば、現代のデジタルソースを十全に対応・再生することができます。

本機単体で見れば、割と普通のアナログプリメインアンプで、現代にしては、フォノに力が入っている機種、のように思われます。ですから、アナログレコードでオーディオを再開したい人などにも向いているのではないでしょうか?

また、今回のモデルチェンジでの特記事項として、メーカー保証期間が本機は5年となっています。これは旧のA-S2000が1年、同時発売のCD-S2100の3年と比べても突出しています。ただ、かえってこのせいで実売価格が下がりにくくなるのではないか、と懸念する人もいるようです。

本体色はシルバーのみになっていて、これもブラックもあれば、という声もあるようです。

価格的な競合はマランツやラックスマンの現行モデルとなりますが、音の違いやメーカーのファン層など結構違うような印象もあるので、そうぶつからないかもしれません。オーディオ再開組にはヤマハの訴求力は強いかもしれません。

S2100シリーズの新発売は喜ばしいことですが、あとは、このシリーズでネットワークオーディオプレーヤーも発売してくれることを期待します。

仕様など
定格出力(20Hz~20kHz 0.07%THD):90W+90W/8Ω、150W+150W/4Ω
入力端子:XLR×1、RCA×4、MAIN×1、フォノ(MM/MC)×1、リモートイン×1、トリガーイン×1
出力端子:レックアウト×1、プリアウト×1、リモートアウト×1
消費電力:350W(待機時0.3W)
外形寸法:435W×157H×463Dmm 質量:23.4kg
:製品データ:YAMAHA:プリメインアンプ:P

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

TEAC AI-301DA

AI-301DA_P.jpg
オーディオ機器紹介。ティアックは、CES2014のブースで、単品コンポ新モデル「301」シリーズ3機種を公開しました。

ここではDSD/Bluetooth対応のプリメインアンプ・AI-301DAを紹介。

301シリーズは既発売のReference 501シリーズに比べて小型かつ安価ながら、ブラックのフロントパネル、サイドのメタルパネルなど意匠は501の特徴を踏襲したという触れ込み。USB-DAC内蔵プリメインアンプ「AI-301DA」、USB-DAC「UD-301」、同軸2ウェイスピーカー「LS-301」から成ります。

で、その実態は、これも既発売の、プリメイン・A-H01、USB-DAC・UD-H01、スピーカー・S-300NEOをモデルチェンジしたもののようです。

というのも、これらの機種は今、モデルチェンジが求められている状況にあったので、いわば予想通りのこと。というのも、やはり、DACにしろ、DAC内蔵プリメインにしろ、今や、24/192のPCMに対応しているだけでは足りず、何と言っても、DSD対応、それも5.6MHzまでの対応が求められているからです。

というわけで、ティアックのDAC内蔵型新製品はもちろん、どちらもDSD5.6MHz対応になっています。それでいて価格はどちらも499ドル。日本国内ではまず5万円以内の実売になるはず。

この価格と装備は、特にプリメインアンプのジャンルにおいては大きな意味があります。それはソニーのUDA-1。ソニーは2013年に大々的にDSDを含むハイレゾ対応を謳った機器を投入。それも安価で多機能なものばかり。

その代表格がUDA-1。実売5万円以下でDSD5.6対応のDACと、純A級動作対応の小型プリメイン一体型で、PCオーディオ業界に驚きを与えました。

それまでは比較的マイナーメーカーでも勝ち残れそうなPCオーディオ業界の雰囲気を一変させたと言っていいでしょう。他社もソニーなみの価格、装備の小型PCオーディオ機を投入しないと勝てないかもしれないのです。消費者としては選択肢が多いほうがいいので、歓迎したい動きです。

そこで登場の本機。DACチップはバーブラウン「PCM1795」を2基。アンプ部の増幅素子にはICEpowerを採用したD級。出力は40W+40W(4Ω)。

音声入力はUSB、同軸デジタル、光デジタル、RCA×2。出力はスピーカーのほかサブウーファープリアウトも備えている。ヘッドホン出力も装備。

さらに、Bluetoothに対応。Bluetoothのバージョンはver 3.0 Class 2で、aptXコーデックにも対応と、充実の装備。

ソニーのUDA-1と比べても、Bluetooth機能で上回っています。これはオーディオ愛好家より一般消費者にはよりアピールできそうなポイント。

実際、ソニーのような大企業に、会社規模の違うティアックなどは価格競争では大変だと思いますが、すでにベースモデルがあったことで、それを元に合理的に開発できたように思います。

具体的にはDSDに新規対応させるため、A-H01のPCM5102からソニーと同じチップに変更。一方、アンプ部は同じアイスパワーを採用し、出力も同じ。

変更はデジタル周りか…、と思いきや、ヘッドホン出力も強化。45mW+45mW(32Ω)から100mW+100mW(32Ω)へ。

もはやこの価格では機能・性能とも現状では申し分のないものに見えます。リモコンもあります。

あとは肝心の音。先代のA-H01はまだ競合機種がないこともあって、結構売れたようです。ただ、音の評価は、デジタルアンプらしくない聴きやすい音を志向しているという印象の評価に見受けられていたのが気になりました。私も持っているSU-XR57との比較ではそうである、などと書いている人もいたので、個人的にも傾向はわかります。

つまり、オーディオ的情報量、制動力、フラットネスより、一般的な聴き易さ、全体のまとまり、雰囲気に流れているということでしょう。

オーディオ愛好家としてはやや気になる傾向ですが、そこを変えてくるのか、そのままなのかも気になります。

できれば家電量販店で、UDA-1などとも比較試聴したいですね。あとは、ティアックと同じグループになったオンキヨーが何を出してくるか。それも期待です。

とりあえず、CESで発表になっただけの情報で書いたので、国内発表を待って、追加情報などを書こうと思います。

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

サヤ SP192AB

オーディオ製品情報。(株)サヤは、超小型プリメインアンプ「SP192AB」を2013年10月1日発売。価格は¥56,000(税別)

ニアフィールドリスニングでの使用を意識して小型ボディを採用したAB級アンプ。外形寸法111.2W×43.6H×120Dmm、質量650gと、アンプとしてはかなりの小型。

ボディが小型なだけでなく、出力も5W+5W(8Ω)の小ささ。入力端子はRCAピンとミニジャックを1系統ずつ。

最近中国メーカーなどではこれくらいの大きさで出力も10-20W程度のD級アンプが出ていますが、それらと違うのは、AB級であること。

じつは、本機はD級アンプ「SP192DT」の後継にあたり、45W+45Wだった出力をあえて5W+5W に抑え、また増幅方式もAB級にしたとのこと。

というのも、4~10畳程度のニアフィールドリスニングでの使用を想定した場合、5W+5W程度の出力でも足りると判断。また、アンプとしての質も歪率、S/N 比、セパレーション、周波数特性、位相特性の諸特性の面でAB級が有利と判断したためだそうです。

つまり、出力が小さくて良ければ、小型でもAB級のいいアンプは作れる、ということのようです。

小型で出力を抑えたAB級、A級アンプはこれからソニーがUDA-1を出しますし、あるいは、小型のニアフィールド用アンプはD級、という従来の流れが変わるのかも知れません。

実際、本機のスペックを見ても出力以外優秀で、D級ではとても及ばなそう。とくに周波数特性の広さはどんなハイレゾにも対応可能。やはり、机上でもハイレゾ、というニーズを狙っているのでしょう。

ただ、いくらニアフィールドでもオンキヨーのデスクトップ用スピーカーの一部はすごい低能率(82dBとか)。メーカーもD級アンプを推奨していましたし、しかもオンキヨーの小型機は数も結構出ているので、大丈夫でしょうか。まさにそのあたりの機種が試金石になりそうです。

一方、ステレオ誌は2014年1月号にまた、ラックスマン設計のD級アンプを付録でつけてきます。

まだ次世代小型ニアフィールド用アンプの方式戦争?は続くようです。

仕様・スペックなど
定格出力:5W+5W(8Ω TH1%)
S/N比:108.5dB(3W),103.7dB(1W)
チャンネルセパレーション:82.2dB(1W/1lHz)
周波数特性:8Hz~147kHz(-3dB)
消費電力:2.2W(無入力時)/3.5W
外形寸法:111.2W×43.6H×120Dmm(突起部除く) 質量:650g(本体)
:製品データ:サヤ:プリメインアンプ:コンパクト・コンポ:薄型:PCオーディオ向け:新製品:個ア

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

SONY TA-A1ES


IFA2013で海外発表され、国内発表が待たれていたソニーESシリーズひさびさのプリメインアンプ TA-A1ES。国内発表されました。価格は¥210,000(税別) 発売2013年10月26日です。

TA-A1ESのヤフオク出品

★ヤフオク!で・アンプのオーディオ機器を見る★

TA-A1ESを楽天で見る
TA-A1ESをamazonで見る


続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : TA-A1ES

TEAC AX-501


ティアックがIFA2013に参考展示していた小型プリメインアンプAX-501が、国内正式発表されました。

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

Pioneer A-70などUSB-DAC機能搭載プリメインアンプ

パイオニア(株)は、プリメインアンプ「A-70」(税込177,000円)と「A-50」(税込94,000円)を2012年10月中旬より発売すると発表しました。

上位のA-70はUSB-DAC機能を搭載していることが大きな特徴。

すでに下位機種からモデルチェンジが始まっていたので、予想されたものでもあります。

まず外見から気がつくことは、ここ数年続けていた薄型でスタイリッシュなデザインはやめて、一般的なコンポのデザインに戻っています。

いろいろ考えたうえでのことでしょうが、またこれでパイオニアのアンプなのかどうかもわからない、どこも似たようなデザインになってしまったようにも思えます。

機能的には予想どおりUSB-DAC機能を搭載。これはすでに先代にもあり、そのころは画期的でしたが、いまやどこでも搭載。

それだけに内容は強化し、ESS社のDACを採用し、192kHz/32bitまでの入力信号に対応。またアシンクロナス伝送にも対応、また、同軸入力もあらたに装備し、DACとしても使えるようにしました。先代A-A9MK2ではUSBのみの入力で48/16対応のみとおまけ程度だっただけに大幅向上。光入力がないようですが、なぜでしょう?

なにより今回のモデルチェンジでの大きな違いは、同社のAVアンプにも使われている「ダイレクトパワーFET」を採用した新開発のクラスDアンプを搭載したこと。いわゆるデジタルアンプとおおざっぱに言われているものです。パイオニアはAVアンプでは使い続けていましたが、ピュアオーディオアンプへの搭載はこれが始めて。

そういう意味では新たな一歩と言えそうです。

全体的に似たようなアンプはオンキヨーにあり、ライバルにもなりそう。オンキヨーはデジタルアンプからアナログアンプに戻したのは対照的。

ソニーの数年前のデジタルアンプのESモデルがDAC入力もあり、価格的にも近いものでした。改めてソニーも名乗りを上げるかも注目です。

実際のところ、同様の機能は各社中級AVアンプに積まれていて、ステレオアンプに転用も可能ですが、ホームシアター用のマルチチャンネルを構築しない人には余ったアンプが無駄になること、また純粋に音を追求できるとあって、ステレオ専用機として登場しているのでしょう。ただ、ステレオ専用アンプを買う人は少数派のようで製造コスト的に不利でしょうし、AVアンプは製品サイクルも早く、価格もすぐ下がるだけにAVアンプが不利だとばかり言えないかもしれません。

これでA-A9MK2などが旧機種に。あの薄型スタイリッシュなデザインが好きだった人は今が最後のチャンスとなります。



Pioneer・A-70のヤフオク出品

★ヤフオク!で・アンプのオーディオ機器を見る★

Pioneer・A-70を楽天で見る
Pioneer・A-70をamazonで見る


続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : Pioneer・A-70

ONKYO TX-NR818など新AVアンプにデジタルチャンネルデバイダー機能

ピュアオーディオに比べて新機種の発売サイクルが早く、機能の進化も早いAVアンプの世界。

あまりピュアオーディオ愛好家はメイン機器としては使わない傾向がありますが、オーディオでも使いたい機能も多く、無視できない存在に思われます。

そういう動きが続く中、オンキヨーの新製品はコアなオーディオ愛好家を唸らせようとでもいうような新機能を搭載。

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

パイオニア プリメインアンプ「A-30」「A-10」

ネットワークオーディオプレーヤーN-50が好調だというパイオニアから、エントリークラスのプリメインアンプが登場。

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター