FC2ブログ


SONY DMP-Z1

DMP-Z1.jpg
香港でいきなりソニーの超弩級ポータブルオーディオプレーヤーが発表され、驚きを巻き起こしています。

香港にて8月10日~12日に開催されるハイエンドAV機器の見本市「Hong Kong High End Audio Visual Show」が行われるということで、これに合わせてソニーは多くのポータブルオーディオ機器を発表しました。

なかでも、究極のサウンドを追求するという“Signatureシリーズ”の一環としてイヤホン「IER-Z1R」と同時に発表されたのがDMP-Z1。

現地発表価格は61,880香港ドル。なんと日本円で約88万円という高額機。

据え置きの小型USB-DACのようにも見えますが、バッテリーを搭載したれっきとした「ポータブルオーディオプレーヤー」。

アルミニウムモノコックシャーシとフレームを採用。外形寸法は約138W×68.1H×278.7Dmmと音質重視設計のためか大きめ。3.1型、タッチ対応の800×480ドットの液晶ディスプレイを備えています。内蔵メモリとして256GBを搭載するほか、拡張用としてmicroSDカードスロットを2基搭載。バッテリーでの動作時間は、ハイレゾファイルの再生で約9時間、非ハイレゾファイルでは約10時間と短め。

実際、現在のウォークマンとは異なる大きな点があります。それはヘッドホンアンプ部で、現行最上位のNW-WM1A/Zも含め、ハイレゾウォークマンはみな、S-masterと称するデジタルアンプですが、本機ではアナログアンプ方式。そのため、DACも必要なため旭化成エレクトロニクスの「AK4497EQ」を2基搭載しています。

AIを活用するという新DSEE HXや、アナログレコードの音質を再現するという「Vinyl Processor」などの新技術も搭載。各種デジタル音源を5.6MHz相当のDSD信号に変換してから再生する「DSDリマスタリングエンジン」も搭載。

PCMは384kHz/32bitまで、DSDは11.2MHzまでのネイティブ再生が可能。USB-DAC機能、SBC/LDAC/aptX/aptX HD対応のBluetooth送信機能も装備。

ヘッドホン出力として、3.5mmのステレオミニアンバランスと、4.4mm 5極のバランス出力を搭載。ヘッドホン部のボリュームはハイエンドアナログロータリーボリュームを採用。これもアナログヘッドホンアンプ採用とともに特徴的。

ソニーの「ポータブルオーディオプレーヤー」なら「ウォークマン」なわけですが、本機にはその冠は付いていないようで、意図はあるのでしょうが、現時点では理由は不明です。大きくて重いから、などと言う人もいますがさて…。

業界ハイエンドDAPと言えば、韓国アイリバーのAKシリーズと相場が決まっていました。ソニーは静観を続けていて、あるいはAKには対抗しないのかとさえ思っていましたが、実際はやる気があったことがいきなりわかって驚きました。

まさか日本で発売しないことはないでしょうが、一体いくらになるのでしょう。海外価格よりは安くなりますが70万円台にはなるのでしょうか。

据え置き機としてもハイパフォーマンスを狙うということなので、本機を買えばフルサイズの据え置き機がいらないという音質は期待したいです。それならネットワークオーディオプレーヤーは必要だったと思いますが、積んでいないのでしょうか。また、プリアンプとして使えることも求められますが、これについてもよくわかりません。国内発表でもっと詳しい情報が欲しいところです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

アリシア・デ・ラローチャ~デッカ録音全集(41CD)

icon
icon
クラシック輸入廉価ボックス情報。アリシア・デ・ラローチャ~デッカ録音全集(41CD)

ピアノの女王とも呼ばれた、20世紀を代表する女流ピアニスト・アリシア・デ・ラローチャのデッカ全録音をCD41枚組として集成。

グリーグとアルベニスの未発売録音を含み、2枚のCD、マドリードでのアンコール集を収めた初期のHispavox録音、がボーナスCDというのが注目点。

演奏的にはやはりアルベニス、ファリャはじめ、お国もののスペインの作曲家に大変定評がありますが、ショパン、シューマン、モーツァルト、ラフマニノフといったピアニストの中核レパートリーも大変すばらしいのが彼女の特徴で、決してスペインもののスペシャリストではありません。

とくにモーツァルトのソナタとピアノ協奏曲は、現在、もっと評価がされていい演奏に思います。

録音としては1970年以降のアナログ録音と1980年代のデジタル初期が中心。年代的には今後パブリックドメインになることも期待できないだけに、このボックスで購入して聴くというのがよさそうです。

HMV発売日:2018年07月31日  まとめ買い価格(税込):¥11,902

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

HiBy R3

HiByR3.jpg
新製品オーディオ機器紹介 。

中国HiBy Music Information Technologyはスマホ連携で対応DAPをコントロールできるアプリ「HibyLink」の開発で注目されている新興メーカー。

ここが自社DAPを2機種発売。その国内代理店に飯田ピアノが名乗りを上げ、国内でも簡単に買えるようになります。

具体的には「HiBy R6」と「HiBy R3」を5月中旬に発売し、価格はR6のステンレスモデルが69,800円、アルミニウムモデルが59,800円。 R3は26,800円で発売するとしています。

ここでは2万円台半ばのDAPとして現在、最もコストパフォーマンスが高いのではないかと思えるほど内容の充実したR3をご紹介。

DACはESS ES9028Q2Mを搭載。SoCはIngenic X1000 1GHz。HibyOSと呼ぶ独自OSに対応。アプリ「HibyLink」にも当然対応。画面と操作系は3.2型IPSマルチタッチスクリーンを採用。

PCM系は最大64bit/384kHz、DSD 11.2MHz再生に対応と十分なスペック。さらに、2.5mm4極バランス出力も搭載。これだけでもこの価格としては十分。

さらに、AirPlayやDLNAを利用したワイヤレス再生に対応。USB-DAC機能も装備。この価格ではこれは豪華。さらにさらにBluetoothにも対応。これは現時点ではaptX対応ですが、内部的にはLDAC対応可能で、今後のアップデートで対応する予定らしいです。

また、ハイレゾストリーミングにも対応。TIDAL対応なので、現時点ではハイレゾでのストリーミング自体は日本では使えませんが、将来的には使えるかもしれません。ちなみに、HiByはハイレゾストリーミング再生可能なスマホアプリ「HiByMusicPlayer」を開発しているメーカーです。TIDAL以外にも対応できる可能性も高いです。

あまり重要視する人はいないかもしれませんが、パラメトリックイコライザーも装備し、音質調整機能もしっかり備えます。内蔵バッテリーでは最大11時間音楽再生可能。

国内サイトがまだないため、もう少し細部がわからない点もありますが、これだけでも十分。音質がどうでもいいくらいです。Android OSではないとか、USB出力はどうなのかが気になるくらい。

もう国内発売されているくらいのタイミングかと思いますが、まだのようで、少し遅れているのでしょうか。国内発売後の購入ユーザーのレビューが大いに注目です。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

アンタル・ドラティの芸術(75CD)

icon
icon
クラシック輸入廉価ボックス情報。アンタル・ドラティの芸術(75CD)

稀代のオーケストラビルダーとして鳴らしたアンタル・ドラティ(1906-1988)の1937年から1967年にかけての録音の集成。没後30周年記念リリースだとか。ステレオ録音期に関してはおもにマーキュリーとデッカ録音なので、録音のよさも大いに期待できます。

どうやら著作隣接権が切れたパブリックドメイン音源をヒストリカルレーベルが発売するもののようです。

アンタル・ドラティを中心にしたマーキュリー録音はこの時代の録音にしてSACD化されるものもあるほどで、ステレオ初期の優秀録音の代表格のひとつです。それはドラティ自身が育てたと言える女性録音プロデューサー・ウィルマ・コザートの卓越した録音によって成し遂げられています。

マーキュリー録音自体はすでに廉価ボックスで出ていますが、それを持っていない人には今回のボックスはデッカ録音も含まれる点でも価値はありましょう。

ドラティはデジタル録音初期にもデッカで優秀録音を連発していて、本当に優秀録音に縁のある人です。しかし、それは偶然ではなく、ウィルマ・コザートを育てたように、彼自身が録音の重要性を認識していたからです。

このボックスにその刻印が刻まれていることでしょう。ただ、マーキュリーのアナログ録音はCDの器には入りきらないとも言われていて、最初のCD化にウィルマ・コザート自身がマスタリングした際にも大変苦労したという逸話が残っているほどです。

そう考えると、マーキュリー録音はもっとSACD化は無理でもハイレゾ配信化も期待したいところです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

SONY STR-DH190


新製品オーディオ機器紹介 。

ソニーがひさびさにエントリークラスのプリメインアンプをモデルチェンジしました。ステレオプリメインアンプ「STR-DH190」を4月21日に発売。価格は22,500円。

2009年発売のSTR-DH100(3万円)の後継機です。2010年の記事で紹介していました。
ソニーのエントリークラスプリメインアンプ STR-DH100 その設計意図は?

今回は前機種よりも大幅に低価格化しています。同時発表のAVアンプと同じシャーシを使うことなどで低価格化を実現させたというのが理由のようです。

それでいて機能面は充実。MMカートリッジ対応のフォノ入力を備えレコードプレーヤーと接続でき、Bluetooth入力も備えます。いずれも先代にはないものです。フォノは最近のレコード復活人気に、Bluetoothはこの数年での爆発的な普及に応じたもの。FMラジオも搭載し、ワイドFMにも対応。先代はAMにも対応していましたが。

BluetoothはAACとSBCコーデックに対応。また、ペアリングしたスマートフォンからBluetoothで音楽再生した際に、本機の電源がオフの状態でも起動できるBluetoothスタンバイ機能も備えています。AACはiOS機との接続に便利ですが、ここはLDACコーデックにも対応して欲しかったところです。

デジタル入力はBluetoothワイヤレスのみで、有線でのデジタル入力はSFDIF、USB、ネットワークのいずれも持ちません。

アンプ部は広帯域かつローノイズを実現したというリニア広帯域パワーアンプを搭載。広帯域ということで、ハイレゾロゴも取得しています。

D級ではなく、従来どおりのアナログアンプです。最大出力は100W×2ch(8Ω)。これは先代の150Wに比べ落ちてはいますが、現代の日本の平均的な環境と、このクラスのアンプを使うユーザーを考慮すれば妥当なものでしょう。

先代のスペックで多少おかしいと思っていた、スピーカー対応インピーダンスは6Ωからになっています(先代は8Ωからという謎仕様)。

また、底面に「X」型のエンボス加工を施すことによって剛性を高めたXエンボスデザインの新シャーシを採用。

アナログ入力5系統(RCA×4、ステレオミニ×1)、フォノ入力1系統を装備。アナログ出力は1系統。スピーカー出力は2系統で、A or B、またはA + Bの切り替えが可能。ヘッドホン端子も備えます。

外形寸法は430×284×133mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.9kg。消費電力は200W。リモコンが付属。

正直、よくわからない印象もあります。今時、フルサイズのステレオ専用かつ、有線でのデジタル入力に対応しない安価なプリメインアンプとは。この安さでソニーの新製品アンプが手に入るというのがメリットでしょうか?

Bluetooth入力がメインになるくらいの気持ちなのでしょうが、それならミニサイズが良かったような。

それでも、STR-DH100よりは安く、しかも妥当な内容は備えていると思います。コストを抑えるためにAVアンプの筐体を流用しているのはプライドを捨てているようにも思えますが。それだけなりふり構わず発売している意気込みの表れと取りたいです。

プリメインアンプ+SONY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター